1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 星槎国際雪辱V2 サッカー女子、高校総体

星槎国際雪辱V2 サッカー女子、高校総体

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年5月9日(月) 02:00

【県高校総体 サッカー女子決勝 湘南学院-星槎国際】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ星槎国際イレブン=保土ケ谷公園サッカー場
【県高校総体 サッカー女子決勝 湘南学院-星槎国際】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ星槎国際イレブン=保土ケ谷公園サッカー場

【県高校総体 サッカー女子決勝 湘南学院-星槎国際】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ星槎国際イレブン=保土ケ谷公園サッカー場
【県高校総体 サッカー女子決勝 湘南学院-星槎国際】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ星槎国際イレブン=保土ケ谷公園サッカー場

 第54回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会(県高体連など主催、神奈川新聞社など後援)は8日、県内各地でアメリカンフットボール、サッカー女子などに熱戦を繰り広げた。

 関東大会県予選を兼ねたアメリカンフットボール決勝は慶応が21-9で法政二を下し、2年連続16度目の頂点に立った。関東大会出場校決定戦は横浜南陵が岸根に46-0で勝ち、第3代表の座をつかんだ。

 サッカー女子決勝は星槎国際が湘南学院を2-0で下し、2連覇した。

星槎国際 2−0 湘南学院
(前 2−0|後 0−0)

▽得点者【星】加藤、宮澤
(星槎国際は2年連続2度目の優勝。同校は6月4~6日に千葉県で行われる関東地区予選に出場)

歴史つなぐパスワーク


 冬の県新人大会と同じ顔合わせとなったサッカー女子決勝。星槎国際が雪辱を果たすとともに2連覇を達成した。まだ創部3年目のチームだが、攻撃重視で着々と実績を積んでいる柄澤俊介監督(42)は「今まではポゼッション(ボール保持)して、ただ崩していくだけだったが、今は細かいところまで修正できている」と喜んだ。

 次々とパスを回して試合をコントロールした。先制点は前半26分。中盤でMF山室-MF百瀬と渡り、縦パスが入るとFW加藤が素早く裏のスペースへ。左足でGKとの1対1を制した1年生は「絶対決めるという強い気持ちでした」と喜び、その2分後に2点目を加えたU-17(17歳以下)日本代表候補のFW宮澤は「星槎の歴史をつなげた。そこは一安心」と胸を張った。

 昨年は初出場した関東大会1回戦で敗退。当時の悔しさを忘れていない主将の山室は「公式戦だと緊張して自分たちのプレーができないことがある。ぶれないでやりきりたい」と、今度は1年前のリベンジを期した。

2冠逃した湘南学院


 湘南学院は県新人大会との2冠を逃した。相手と同じシュート11本を放つも無得点。木村監督は「フィニッシュの精度と、一人一人のゴールへの意欲が足りていない」と反省を促した。

 次戦は秋の全日本高校選手権県予選。主将のMF白井は「最後までやりきるプレーをしていく。全員の気持ちを合わせて練習していきたい」と雪辱を誓った。

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング