1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 光明相模原の出町が初優勝 関東高校県予選・空手道女子個人組手

光明相模原の出町が初優勝 関東高校県予選・空手道女子個人組手

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年5月4日(水) 02:00

【関東高校大会県予選 空手道女子個人組手決勝】初優勝を飾った光明相模原の出町(左)=横須賀学院高
【関東高校大会県予選 空手道女子個人組手決勝】初優勝を飾った光明相模原の出町(左)=横須賀学院高

 関東高校大会神奈川県予選は3日、神奈川県内各地でハンドボール、空手道、卓球などに熱戦を展開した。

 空手道の女子個人組手は出町さくら(光明相模原)が初優勝。男子個人組手は酒井寛太(横浜創学館)が栄冠に輝いた。また団体形は男女とも横浜創学館が制した。

けが克服し羽ばたく


 貫禄十分だ。空手道の女子個人組手は昨秋の国体女王の出町が優勝。それでも、求道者の雰囲気を漂わせる17歳は「目指しているところはインターハイ(全国総体)。ここで満足するつもりはない」と言い切った。

 「うまくやろうとするより、相手をぶっ飛ばしてやろうとした方が自分の組手ができる」という気迫がみなぎった。決勝の相手は同じ光明相模原の安井。開始5秒に鮮やかな上段突きを決め、その後も2回の有効を奪って3-0で圧倒した。

 青森県出身で中学卒業後、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

空手道に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング