1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 最高の仲間と輝く舞台 県高校総体開会式に188校2982人

最高の仲間と輝く舞台 県高校総体開会式に188校2982人

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年4月24日(日) 02:00

 


高校スポーツの熱戦開幕-。県高校総合体育大会の総合開会式が23日、藤沢市の県立体育センターで行われ、188校2982人が参加した
高校スポーツの熱戦開幕-。県高校総合体育大会の総合開会式が23日、藤沢市の県立体育センターで行われ、188校2982人が参加した

第54回県高校総合体育大会兼全国高校総合体育大会(インターハイ)県予選会(県高校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)の総合開会式が23日、藤沢市善行の県立体育センター陸上競技場で行われた。188校の2982人が参加し、思い思いのパフォーマンスを披露しながら入場行進した。


笑顔で元気よく入場行進する参加選手ら=県立体育センター陸上競技場
笑顔で元気よく入場行進する参加選手ら=県立体育センター陸上競技場


 今夏のインターハイは岡山を主会場に中国5県で開催される。

 式では、県高体連の小野文生会長(平塚江南高校長)があいさつ。昨夏のインターハイで準優勝した法政二ハンドボール部主将の加藤一誠(3年)と昨夏のインターハイ体操段違い平行棒覇者で、4月の全日本選手権で5位に入った平塚学園体操部の河崎真理菜(2年)が「日々支えてくださってる方々に感謝し、全力を尽くすことを誓う」と力強く宣誓した。

 13校271人のチアリーディング・チアリーダー部員と9校270人の吹奏楽部員が華麗な演技と演奏で盛り上げた。

熊本に元気届け


加藤(法政二)河崎(平塚学園)が宣誓


選手宣誓する河崎真理菜(左、平塚学園)と加藤一誠主将(法政二)
選手宣誓する河崎真理菜(左、平塚学園)と加藤一誠主将(法政二)


 3千人を超す会場の視線を一身に浴び「最高の仲間とともにこの舞台に立てることを誇りに思う」と声を張り上げた。選手宣誓を終えた法政二ハンドボール部主将の加藤は「うまくできたかな」と笑みを浮かべた。

 昨夏のインターハイで29年ぶりに決勝に進出。27-39で敗れたが、手応えを確かなものにした。3月の全国選抜大会ではベスト4。「目標はもちろんインターハイ優勝。昨年よりも勢いに乗ったときの力がある」と自信をのぞかせた。

 一方、「緊張したけど無事にできて良かった」と大役を振り返った平塚学園体操部の河崎は大きな舞台を目指す。

 「熊本の人たちに少しでも元気を届けられるように」との思いを言葉に込めたという16歳は、先の全日本選手権で5位と躍進した。リオデジャネイロ五輪出場の可能性を残し、5月のNHK杯に挑む。

 「全日本選手権で自信は付いた。さらに上を狙いたい」と力を込めた。


13校合同チア 華やかに彩り添えて


アトラクションで参加選手らを応援する合同チアリーディング
アトラクションで参加選手らを応援する合同チアリーディング


 総合開会式を締めくくったのは13校による合同チアリーディング。「頑張れ、高校生」と総勢271人が元気いっぱいの掛け声と華やかな演技で彩りを添え、4千人近い観客から大きな拍手を受けた。

 汗ばむ陽気の中、組み体操のように人を持ち上げたり、脚をV字形にして高く跳びはねたり、躍動感あふれる演技を約10分間にわたって披露。日大の高橋真央さん(3年)は「一つ落としたところがあったけど、途中でカバーできた」と笑顔を見せ、住吉の鈴木美妃さん(3年)も「練習してきた中で一番の成果が出た。チーム神奈川としていい演技ができた」と満足げに話した。

 各校は夏の日本選手権を目指すライバル同士だが、この1カ月は土日に1日5時間に及ぶ合同トレーニングを行い、呼吸を合わせてきた。立花学園の清水未来さん(3年)は「高校3年生は最後の年。練習してきたことを全部出し切ってほしいし、私たちもそうしたい」と本番の夏を見据えていた。

進行支えた放送部員

 約1時間にわたる入場行進の進行を、湘南の放送部員3人が快活なアナウンスで支えた。

 綿貫元起さん(2年)は「大きな舞台で緊張したが、貴重な経験になった」と安堵(あんど)した様子。4月に入部したばかりの今井菜摘さん(1年)は「初めてでタイミングやイントネーションがずれてしまったかな」と苦笑いを浮かべた。

 ソフトテニス部でも活動している富田有美さん(2年)は「ソフトテニス部で大会にも出る。ベストを尽くし、(他校の選手とも)みんなで一緒に頑張りたい」と健闘を約束した。

元気よく「定番」演奏

 入場行進を盛り上げたのが、9校約270人で構成された吹奏楽団。「旧友」や「箱根の山」など定番のメロディー4曲を元気よく春空に響かせた。

 練習は各校で行い、この日のリハーサルで初めて合わせたが、見事な演奏を披露。最多105人が参加した向上の鈴木菜月部長(3年)は「年に一度のすごくいい経験。大きくずれることなく、行進につなげられてよかった」とほっとした様子で話し、「運動部と出場する大会は違うけど、お互い頑張っていい成績を残せれば」と仲間にエールを送っていた。

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング