1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 湘南攻勢届かず 4月20日・磐田戦

湘南攻勢届かず 4月20日・磐田戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年4月21日(木) 10:20

【湘南-磐田】後半30分過ぎ、シュートを外して悔しがる湘南・神谷=BMWス
【湘南-磐田】後半30分過ぎ、シュートを外して悔しがる湘南・神谷=BMWス

 Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ1次リーグ第4節は20日、ニッパツ三ツ沢球技場などで6試合が行われ、B組の横浜Mは鳥栖を1-0で退けて勝ち点を4に伸ばした。川崎は試合終了間際の失点で柏に1-2で敗れた。首位の仙台は福岡と無得点で引き分け、勝ち点を8とした。

 A組の湘南は磐田と0-0で引き分けた。大宮と神戸の上位対決は1-1で引き分け。首位大宮は勝ち点8、2位神戸は7になった。

勝ち点1 リーグ戦に光



 終盤に攻勢を強めたものの、勝利には届かなかった。それでも、公式戦の連敗が4でストップしたのは大きいだろう。

 「(鹿島に0-3で敗れた)前のリーグ戦の流れを食い止めて、勝ち点1を取った選手の頑張りをたたえたい」。チョウ貴裁監督は収穫を口にした。

 前半はシュート2本だったが、後半28分に主将高山を投入すると攻撃は一気に活性化した。ロングボールを効果的に使い、鋭いカウンターを連発。磐田の名波監督が「何度か目をつぶりかけたシーンがあった」と言うようにチャンスをしっかりと生み出した。

 「ボールを運ぶ勇気がある。(浦和の遠藤)航がデビューしたときよりも全然上」。指揮官が褒めちぎった2種登録でユースに所属する高校3年生、斉藤の堂々としたプレーも光った。

 何よりも守備陣が無失点で耐え抜いたことは自信を持っていい。「きょうの内容にプラスアルファをすれば、いいサッカーができる」と高山。この勝ち点1をリーグ戦に向けてもきっかけにしたい。

湘 南 0-0 磐 田
(前 0−0|後 0−0)


28分、激しいマークに合う湘南・大槻=BMWス
28分、激しいマークに合う湘南・大槻=BMWス

39分、磐田ディフェンス陣とゴール前で激しく競り合う湘南・藤田(左)と大槻=BMWス
39分、磐田ディフェンス陣とゴール前で激しく競り合う湘南・藤田(左)と大槻=BMWス

67分、ゴールを狙う湘南・大槻=BMWス
67分、ゴールを狙う湘南・大槻=BMWス

68分、ヘディングでゴール狙うもGKに阻まれくやしがる湘南・齋藤=BMWス
68分、ヘディングでゴール狙うもGKに阻まれくやしがる湘南・齋藤=BMWス

後半開始前、選手らに指示を出すチョウ貴裁監督=BMWス
後半開始前、選手らに指示を出すチョウ貴裁監督=BMWス

後半の猛攻及ばず引き分けで終了。がっくり肩を落とす湘南の選手ら=BMWス
後半の猛攻及ばず引き分けで終了。がっくり肩を落とす湘南の選手ら=BMWス

後半の猛攻及ばず引き分けで終了。がっくり肩を落とす湘南の選手ら=BMWス
後半の猛攻及ばず引き分けで終了。がっくり肩を落とす湘南の選手ら=BMWス

後半の猛攻及ばず引き分けで終了。力なくサポーターにあいさつする湘南の選手ら=BMWス
後半の猛攻及ばず引き分けで終了。力なくサポーターにあいさつする湘南の選手ら=BMWス

チョウ・キジェ(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング