1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 女子800リレーで五十嵐と青木が五輪へ、日本選手権

女子800リレーで五十嵐と青木が五輪へ、日本選手権

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年4月7日(木) 02:00

女子200メートル自由形決勝でリオ五輪800メートルリレーの代表に決まり、喜ぶ(左から)五十嵐、池江、青木、持田=東京辰巳国際水泳場
女子200メートル自由形決勝でリオ五輪800メートルリレーの代表に決まり、喜ぶ(左から)五十嵐、池江、青木、持田=東京辰巳国際水泳場

 競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS立石)が1分6秒57で優勝し、0秒15差の2位に入った鈴木聡美(ミキハウス)とともに派遣標準記録を突破して五輪代表に決まった。渡部は200メートル平泳ぎでも代表入りしている。

 男子は200メートル自由形を萩野公介(東洋大)が派遣標準を切る1分45秒50で制し、400メートル個人メドレーに続く代表入り。100メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が53秒26で勝ち、2位の長谷川純矢(ミキハウス)とともに代表に決まった。女子200メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス亀戸)が1分57秒39の高校新記録で制したが、派遣標準を切れなかった。

 200メートル自由形で男子の萩野、松田丈志(セガサミー)江原騎士(自衛隊)小堀勇気(ミズノ)、女子の池江、五十嵐千尋(日大藤沢高-日体大)持田早智(ルネサンス幕張)青木智美(神奈川総合高-法大、アリーナつきみ野SC)の各上位4選手は800メートルリレーの選考基準をクリアし、代表となった。

 女子100メートル背泳ぎ準決勝で、前回王者で昨年の世界選手権代表の赤瀬紗也香(川崎北高-日体大、SA新城)が決勝進出を逃した。

◆し烈な争い 感情交錯
 歓喜の抱擁の後、しばらく悔し涙が止まらなかった。主戦場として挑んできた200メートル自由形。800メートルリレーメンバーの2番手での五輪切符は五十嵐にとって心から喜べるものではなかった。

 前半100メートルまではトップ。想定通りのレース展開だったが、昨夏の世界選手権でマークした自己ベストの1分57秒75には0秒31届かず2位。「タイムも、順位も悔しい。ここでベストパフォーマンスを出したかった」

 5位に終わった4年前のロンドン五輪選考会のことを一度として忘れたことはない。むしろ「しばらく立ち直れなかった」という苦い記憶を糧に練習してきた。五輪の舞台に立てる資格を得たのはその4年間の結実にほかならない。

 昨夏の世界選手権で五輪出場枠を確保した4人とまたチームを組む。「絆が深まったし、また4人で泳げるのがうれしい」。その思いは青木も同じだ。同世代で普段から親しいという五十嵐とはレース前「一緒に五輪へ行こう」と密かにアイコンタクトを交わしていたという。

 最終盤までし烈な争いを繰り広げ、5位との差は0秒29だった。「隣の選手と競っているのが分かったので意地でも入ってやろうという気持ちだった」。青木がそう言って晴れやかな笑みを浮かべると、つられるように五十嵐の涙もいつしか乾いていた。

 「青木さんと神奈川から2人で選ばれたのは誇らしい。上を目指せるメンバー。決勝はもちろん進んで表彰台に上がりたい」。雪辱の心をばねとしてきた20歳は悔し涙を推進力に、若いチームをけん引していく。

競泳に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング