1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 羽賀、中村ら代表に リオ五輪柔道

羽賀、中村ら代表に リオ五輪柔道

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年4月4日(月) 02:00

(左上から)中村美里、羽賀龍之介、田代未来、高藤直寿
(左上から)中村美里、羽賀龍之介、田代未来、高藤直寿

 全日本柔道連盟(全柔連)は3日、リオデジャネイロ五輪の男女各6階級12人の代表を発表し、男子100キロ級は世界王者で六角橋中、東海大相模高出身の羽賀龍之介(24)=旭化成=が初めて選ばれた。
 
 女子52キロ級は相原中出身の中村美里(26)=三井住友海上=が3大会連続3度目の代表選出。東海大相模高出身で男子60キロ級の高藤直寿(22)=パーク24=、中村と同じく相原中出身で女子63キロ級の田代未来(21)=コマツ=はともに初の代表入りをつかんだ。

 全柔連は福岡国際センターで開催された全日本選抜体重別選手権の後、会議を報道陣に公開して選考した。17日に女子78キロ超級、29日に男子100キロ超級の代表を決め、総勢14選手が出そろう。

柔道に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング