1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 若きレーサー(上)高い向上心で渡仏

鮮烈高校デビュー 石上優大
若きレーサー(上)高い向上心で渡仏

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年3月15日(火) 09:37

横浜高で力を蓄えた石上。この春からフランスで飛躍を期す=横浜市金沢区の同校
横浜高で力を蓄えた石上。この春からフランスで飛躍を期す=横浜市金沢区の同校

 若きレーサーが単身海を渡った。ことし3月に横浜高を卒業した自転車ロードレースの石上優大。見上げる先は世界最高峰レース、ツール・ド・フランスだ。ゴールのシャンゼリゼ通りに向かい、18歳の挑戦が今始まる。

 「日本人は弱っちい」。攻撃的な言葉が口をついた。高校生世代の17、18歳で構成するジュニア日本代表として2年目を迎えた昨年。そのいら立ちは自分自身にも向けられていた。

 世界各国を転戦するロードレースの大会、昨年のジュニアネイションズカップだった。同代表の石上はスイス、ドイツでそれぞれ日本勢トップの31位、23位と健闘、満を持して7月のカナダへ向かった。

 6日間の総合成績で争われるレースの第4ステージで痛恨の落車があった。ラスト10キロの地点。緩やかな左カーブで右前を行く選手が接近、ハンドルを腰で押され、そのまま左前方の選手と車輪が絡まった。

 「自分は(日本ジュニアチームの仲間を)アシストする役割で前に上がっていく最中だったんだけど…」

 個人競技であり、チーム競技でもあるロードレース。ポイントを獲得するためには、時にそのコースに強い仲間を位置取りなどでサポートしなければならない。地にはいつくばったのは、まさにそのときだった。

 「あっという間にすっ飛びました」。脳しんとうと診断され、そのままリタイア。ポイント獲得圏内から離脱した。

 「アメリカがめちゃくちゃ強くて、それに乗っていけば総合(順位)1桁もあり得たけど落車してグッバイしちゃいましたね」。海外勢とはフィジカルなどで大きな差がある。埋めるためにはどうすればいいか。自嘲気味な笑みの裏には、既に渡欧への思いがあった。




 デビューは鮮烈のひと言に尽きる。

 小学校時代から自転車に親しみ、横浜高に入学間もない2013年4月に県高校総体で優勝。6月には全日本選手権でU-17(17歳未満)の部で頂点に立ち、夏の全国高校総体(インターハイ)男子ロードレースでは3位入賞を飾った。

 勾配のきついコースに特に強く、高校生離れしたレース勘もあり、いきなり高校自転車界のど真ん中に割って入った。

 2年生になると日の丸を背負い、海外でレースを重ねた。「代表になって当たり前。特別思うことはなかった」。ビッグマウスでないことを証明するように、2年生で挑んだ2014年の世界選手権ロードレース(ジュニア)で日本勢トップの17位に食い込んだ。

 一つ年上の年代もいる中でエースを任され、順調に歩みを進めていったかのように見えるが、自身は高い向上心ゆえに苦しんでいた。

 「(高校)最後の1年はうまくいかなかった。良い順位で来ていて落車したり、体調崩したり。消化不良? そうですね」。中学時代から焦がれた地に踏み出さない理由はなかった。



 もう石上は海の向こうにいる。

 日本の半分の人口ながらも競技人口では12倍を超える約7万人がしのぎを削る自転車大国、フランス。中学時代から所属する埼玉県のロードレースチーム「EQADS」(エカーズ)の一員として、チームが海外の練習拠点としているトゥールーズ近郊に3月上旬、居を構えた。

 「勝負勘やレースの運び方、取り組みの積極性はいいレベルにきている」。そう太鼓判を押すのは、現役時代に欧州でプロとして活動し、エカーズを立ち上げた浅田顕監督(48)=日本代表ロードレース強化ヘッドコーチ。これからペダルを漕ぐ日々にどっぷりと漬かる。

 総距離約3500キロ、高低差2千メートル以上、23日間にわたるツール・ド・フランスを走破した日本人選手は別府史之と新城幸也だけ。過酷なレースの歴史に、その名を刻めるか。

 約束された未来はないが、こう言い切る。「もっと厳しい環境に身を置きたい。ぬるま湯につかるのは抵抗がある。強い人ともまれないと強くなれない」。そう、石上には憧れの、そして強くなって追い越したい背中がある。

 

いしがみ・まさひろ 小学校入学前からマウンテンバイクに乗り始め、小学2年でロードレース大会に出場。中学2年でクラブチーム「EQADS(エカーズ)」に入団し、国際大会にも出場した。横浜高入学後は1年で全日本選手権の男子U-17(17歳未満)の部で優勝、全国高校総体(インターハイ)男子ロードレースで3位。2年では世界選手権のジュニアロードレースで17位、全国高校選抜ロードレースで初優勝を飾った。3年時はジュニア全日本選手権で8位、世界選手権で70位。釜利谷小-釜利谷中-横浜高。エカーズ所属。176センチ、60キロ。18歳。横浜市金沢区出身。

自転車に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング