1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 入賞狙う重厚布陣 序盤10キロで流れつかむ 17日に全国都道府県対抗女子駅伝

入賞狙う重厚布陣 序盤10キロで流れつかむ 17日に全国都道府県対抗女子駅伝

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年1月15日(金) 02:00

2年ぶりの上位入賞を狙う女子の県選手団メンバー=県立体育センター
2年ぶりの上位入賞を狙う女子の県選手団メンバー=県立体育センター

 新春恒例の第34回全国都道府県対抗女子駅伝は17日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42.195キロのコースで行われる。2013年に26年ぶり2度目の優勝を飾った後は5位、14位と順位を落としてきている神奈川だが、今回は経験豊富な布陣を整えて2年ぶりの上位入賞を狙っている。

 2年ぶりの上位入賞に向けて、1区(6キロ)、2区(4キロ)を合わせた序盤の10キロで、確かな流れをつかむことが重要になる。加藤智明監督(53)は「出だしの2人がトップから離されずに1桁順位で走れれば、そのまま上位で戦えるはず」と、理想のレース展開を描いている。

 優勝した2013年は1区で6位につけ、2区で2位に浮上。5位入賞した14年も1区で4位、2区でも8位をキープしたことで、中盤以降も思い通りの展開に持ち込むことができた。

 前回1区を走った森田(パナソニック)は今回チーム最多タイの5度目の出場。昨年6月の日本選手権1500メートルで3位、昨年末の全日本実業団対抗女子駅伝でも1区で区間7位と実績を積み重ねている。パナソニックからは、4位入賞した昨年11月の東日本女子駅伝に続いて鈴木が主将を務めるほか、日本選手権1万メートルで5位の山崎も3度目の出場となる。

 大学生は逗子高出身で、昨年10月の全日本大学女子駅伝の1区で区間2位に入った清水(東農大)と、3年前の優勝を経験している出水田(立大)の実力者がそろう。

 中盤を固める中高生では、昨秋の国体3000メートル4位で、3年連続で全国高校駅伝を走って京都のコースを熟知する佐藤(荏田高)、中学時代から全国で戦ってきているリンズィー(金沢高)に期待がかかる。東日本女子駅伝の7区で区間賞をマークした長濱(三浦学苑高)、成長著しい滑川(中川西中)らも楽しみな存在だ。

 指揮官は「各カテゴリーで経験豊富な選手がそろった。去年は序盤で出遅れて14位に終わったが、ことしはいい流れに乗って6位以内には入りたい」と意気込んでいる。

 

悔しさ晴らす快走を 中川西中・滑川 由記

 陸上を始めて2年にも満たないが、滑川由記(中川西中)は早くも中学では県内で頭一つ抜け出している。

 「自分がこんなに速く走れるとは思わなかった。陸上のルールも分からなかったころから憧れていた人に近づけたり、抜かしたりするのが楽しい」。小学校時代はピアノを習ったり、市民ミュージカルに出演したりと本格的なスポーツとは無縁。「雰囲気が楽しそう」と中川西中の陸上部に入部すると、昨年10月のジュニア五輪Bクラス(中2)の1500メートルで5位に入るなど、一気にその才能を開花させた。

 「格好良くて、かわいくて、足も速い」と目標にしているリンズィー(金沢高)は今回チームメートだ。昨秋には1500メートルの自己ベストで4分33秒38をマーク。憧れの存在であるリンズィーが同時期に記録したタイムを上回っている。

 まだ2年生だが、昨年11月の県中学駅伝では1区で区間賞を取り、翌日に福島で行われた東日本女子駅伝にも出場。タフな日程も影響して4区で区間11位に終わった自身の走りを「チームに貢献できなくて一番悔しかった」と振り返る。

 全国の中学からスピードランナーが顔をそろえ、昨年はリンズィーが区間3位の快走を見せた3区での出場が濃厚だ。「絶対に1桁の順位で走って、前回の悔しさを晴らしたい」。チーム最年少の14歳は、あどけない表情を引き締めた。


 

展 望 
愛知、群馬、大阪が軸

 第34回全国都道府県対抗女子駅伝は17日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われる。初優勝を狙う愛知と群馬、2連覇が懸かる大阪を軸とした争いになりそうだ。

 6年連続で入賞している愛知は、昨年の世界選手権5000メートル9位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)がエースを務める。序盤で出遅れず、猿見田裕香(豊川高)向井智香(至学館高)の力がある高校生で上位戦線に食い込みたい。

 群馬は各世代に実力者がそろった。ヤマダ電機から昨年の世界選手権1万メートル代表の西原加純や筒井咲帆がエントリー。岡本春美ら昨年の全国高校駅伝2位の常磐勢も充実している。

 大阪は大阪薫英女学院の選手を擁する。連覇を狙った昨年の全国高校駅伝で3位に終わっただけに、高松智美ムセンビらの士気は高い。松田瑞生(ダイハツ)は昨年のアンカー勝負を制した強みがある。

 前回は1秒差の2位だった地元京都、2秒差の3位だった兵庫が3強を追う。徳島の伊藤舞(大塚製薬)の走りも注目される。神奈川も経験豊富な布陣で上位をうかがっている。


中学生区間での活躍が期待される中川西中の滑川由記
中学生区間での活躍が期待される中川西中の滑川由記

女子駅伝に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング