1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 目標は東京五輪出場、トライアスロン・福岡さん

飛躍続ける寒川の新星
目標は東京五輪出場、トライアスロン・福岡さん

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年1月1日(金) 15:12

東京五輪への意気込みを語る福岡啓さん=さむかわ中央公園
東京五輪への意気込みを語る福岡啓さん=さむかわ中央公園

 キラリ、日本女子トライアスリートの新星-。キャリアわずか2年にして2015年日本学生選手権大会で優勝した湘南ベルマーレトライアスロンチームに所属する東京農業大学3年の福岡啓(ひらく)さん(21)=寒川町。子どものころから続けてきた水泳から転向し、国内最高レベルの舞台で花開いた。「水泳への執着心を成功の女神がほめてくれたのかな」。目標は東京五輪のオリンピアン。アジア、世界のレースで勝利を重ね、世界への階段を一歩ずつ上がるつもりだ。

 スイム(水泳)1500メートル、バイク(自転車)40キロ、ラン(走り)10キロ-。体力の限界に挑む過酷な耐久競技で、「鉄人レース」とも呼ばれるトライアスロン。福岡さんがこの競技に出合ったのは、学生時代に始めた水泳指導のアルバイト先だった。トライアスリートの姿を目にし、「キラキラして楽しそうで」。寒川から通えるベルマーレチームを探し当て、大学1年の秋に門をたたいた。
 小学生のころから水泳が得意で、スイミングクラブなどで本格的に打ち込んでいた。高校は強豪の桐蔭学園(横浜市)。個人メドレーなど朝夕2万~3万メートルを泳ぎながら、勉強と両立させる生活だった。好成績は残せなかったものの、3年間の練習で培ったノウハウが後の自信につながった。ランは昔から陸上部に誘われるほど得意だったこともあり、ここにきて頭角を現した。
 「高校3年間、ただただ練習してきたことが今支えになっている」。朝5千メートルを泳ぎ、合間にランの練習。学校が休みの週3日は宮ケ瀬から山梨へ走り込み、合わせ自転車のペダルをこぐ。「練習は苦しいですが、どう努力すれば成長できるのか、コーチと相談できて、今はその過程を楽しめる」と笑顔をみせる。
 男の子の名前のようと言われる啓。高校の数学教諭の母が著名な数学者・遠山啓さん(故人)にあやかり、「自分の力で人生を切り開いてほしい」と付けてくれた。
 ベルマーレの支援に子どものころから指導を受けてきた水泳のコーチの応援が加わり、すでに切符を手にした今春のU-23アジア選手権大会をはじめ、今夏スイスで開かれる世界大学選手権大会で勝利するのが目標で、さらにその先を見据える。
 「高校時代にできなかった分、少しでも期待をかけてくださる方に精いっぱい応えたい」。目の前に世界が広がる。


昨年の日本学生選手権大会で優勝した際の福岡さん
昨年の日本学生選手権大会で優勝した際の福岡さん

トライアスロンに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング