1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県横須賀工初V

全国高校ボウリング
県横須賀工初V

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年12月21日(月) 11:11

初優勝した県横須賀工の吉川(左)土方ペア=川崎市川崎区の川崎グランドボウル
初優勝した県横須賀工の吉川(左)土方ペア=川崎市川崎区の川崎グランドボウル

 高校生ボウラー日本一を決める第22回全国高校対抗ボウリング選手権(神奈川新聞社など後援)最終日は20日、川崎市川崎区の川崎グランドボウルで2人チーム戦の男女決勝トーナメント(1ゲームマッチ)が行われ、男子決勝は県横須賀工(吉川智也、土方捷)が近大新宮(和歌山)を455-370で下し、初優勝した。県勢の頂点は14回大会の女子の横浜南陵以来で、男子では11回大会の旭丘以来11大会ぶり。

 女子は大師(前田萌歌、小沼姫)、釜利谷(野中千里、勝俣茉咲)とも1回戦で敗れ、堀越(東京)が優勝した。


 最後まで隙を見せない完勝だった。「高校最後の大会。(出場した過去2大会は)ずっと1回戦で負けていたので」。エースとして県横須賀工を初の全国頂点に立たせた土方は男泣きで喜んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

ボウリングに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング