1. ホーム
  2. スポーツ
  3. “大磯のなでしこ”を激励 2期連続全国、星槎国際高女子サッカー部

“大磯のなでしこ”を激励 2期連続全国、星槎国際高女子サッカー部

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年12月18日(金) 02:00

壮行会で決意表明する星槎国際高校湘南の女子サッカー部のメンバー=大磯プリンスホテル
壮行会で決意表明する星槎国際高校湘南の女子サッカー部のメンバー=大磯プリンスホテル

 創部3年目にして2年連続で全国大会への切符を手にした星槎国際高校湘南(大磯町)女子サッカー部の壮行会が16日夜、大磯プリンスホテルで開かれた。行政やスポーツ関係者をはじめ同校の生徒、保護者ら約400人が出席し、ベストを尽くすと誓った選手たちにエールを送った。

 2015年大会で、同校は県大会準優勝に。関東予選では負傷者が続出したが7位に食い込み、来年1月3日から兵庫県で開かれる全国大会へ勝ち進んだ。

 この日の壮行会で、部員28人のキャプテンで3年の川倉愛梨さん(17)は「去年に引き続き出場できホッとしている。支えてくれる人のためにベストを尽くし、悔いのないよう戦います」と決意表明。柄澤俊介監督(42)は「皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、最後まで諦めず戦います」と意気込みを語った。

 同校硬式野球部の土屋恵三郎監督は「昨年に続く快挙。強豪が集まる全国大会でもひるむことはない」と自身の経験を披露しながら激励。会場にはJ2横浜FC会長の奥寺康彦名誉校長や中崎久雄町長らも駆け付けた。

女子サッカーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング