1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「誇り胸に正々堂々と」 全中冬季競技、県選手団が結団式

「誇り胸に正々堂々と」 全中冬季競技、県選手団が結団式

スポーツ | 神奈川新聞 | 2017年1月11日(水) 02:00

結団式で元気よく選手宣誓するフィギュア代表の青木=横浜市神奈川区の県立スポーツ会館
結団式で元気よく選手宣誓するフィギュア代表の青木=横浜市神奈川区の県立スポーツ会館

 第54回全国中学校スキー大会と第37回全国中学校スケート大会、第37回全国中学校アイスホッケー大会に出場する神奈川選手団の結団式が10日、横浜市神奈川区の県立スポーツ会館で行われた。

 スキーはアルペン競技2種目で男女計18人が参加。スケートではフィギュアとスピードに6人ずつ計12人が出場する。アイスホッケーは、県選抜チームの18人が挑む。

 フィギュア代表の青木祐奈(富岡3年)が「日頃の練習の成果を十分に発揮し、神奈川県代表としての誇りを胸に、正々堂々と戦う」と宣誓。県中体連の板橋一幸会長(相模原旭校長)は「集中力や精神力といった目に見えない力と、強気、負けん気、勇気を十二分に発揮して神奈川の代表として全国大会でひと暴れしてほしい」と激励した。

 アイスホッケー大会は19日から22日まで盛岡市などで、スキー大会は2月2日から5日まで山形県最上町などで開催。スケート大会は同4日から7日まで長野市で開かれる。

中学総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング