1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県高校陸上:橘・高橋が大会タイ記録で優勝

県高校陸上:橘・高橋が大会タイ記録で優勝

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年9月22日(火) 03:00

【県高校新人陸上 女子走り高跳び決勝】24年ぶりとなる1メートル70の大会タイ記録で初優勝を飾った高橋(橘)=相模原ギオンスタジアム
【県高校新人陸上 女子走り高跳び決勝】24年ぶりとなる1メートル70の大会タイ記録で初優勝を飾った高橋(橘)=相模原ギオンスタジアム

 陸上の県高校新人大会は21日、相模原ギオンスタジアムで男女8種目の決勝を行い、女子走り高跳びは高橋満南(橘)が1991年に立てられた大会記録に並ぶ1メートル70で初優勝した。同400メートルは同種目で全国高校総体(インターハイ)3位の青木りん(相洋)が55秒34の大会新記録で制して2連覇した。

 男子棒高跳びは江島雅紀(荏田)が4メートル80で2連覇を達成。同400メートルは中机陽彦(相洋)が予選で48秒16の大会新記録を樹立、決勝でも48秒28の好タイムで優勝した。男子走り幅跳びは小田大雅(桐蔭学園)が7メートル38で初優勝した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

陸上競技に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング