1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 大学野球秋季リーグ:商大、桐蔭大が勝ち点

大学野球秋季リーグ:商大、桐蔭大が勝ち点

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年9月21日(月) 03:00

【横浜国大-横浜商大】4回2死二塁。2ランを放ち、笑顔の横浜商大・酒井=関東学院大釜利谷球場
【横浜国大-横浜商大】4回2死二塁。2ランを放ち、笑顔の横浜商大・酒井=関東学院大釜利谷球場

 神奈川大学野球秋季リーグ第3週第2日は20日、関東学院大釜利谷球場で神奈川工大-関東学院大、横浜国大-横浜商大、桐蔭横浜大-神奈川大の2回戦3試合を行い、商大と桐蔭大が連勝して勝ち点を挙げた。

 商大は佐藤健太(4年)が八回まで毎回の16三振を奪って1失点完投し、5-1で快勝。桐蔭大は小野瀬大勝(3年)の3安打4打点の活躍などで7-1と圧倒した。関東大は梅崎潤平(4年)が七回途中まで1失点と好投し、2-1で競り勝って1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 第3週第3日は21日、同球場で関東大-工大の3回戦が行われる。

商大、2本塁打で勢い


 横浜商大が序盤の2本塁打で流れをつかんだ。1-0の三回に佐藤広がソロを放つと、四回には酒井が2ランでさらに主導権を引き寄せた。

 第1週で神奈川大を下しながら続く第2週で関東学院大に連敗。嫌な流れを横浜国大に連勝して止めた。卒業後は社会人野球の道を歩むという酒井は「これまで神宮大会に出たことはない。最後に必ず出場して1勝を挙げたい」と闘志を燃やした。

大学野球に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング