1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 初V狙う蛭海ら注目 県ジュニア体操、19日開幕

初V狙う蛭海ら注目 県ジュニア体操、19日開幕

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年9月16日(水) 11:40

 体操競技の第27回県ジュニア選手権大会(県ジュニア体操連盟主催、神奈川新聞社など後援)は19、20の両日、538人の小・中学生が出場して秦野市総合体育館で開催される。小学生の部は全国ブロック選抜U-12(12歳以下)選手権の予選も兼ねており、熱戦が期待される。

 昨年とは日程を入れ替え、初日に上級者による選手権が小学生の部、中学生の部に分かれて行われる。最終日は初心者対象のビギナー選手権を実施する。

 初日の選手権の注目選手は、小学女子で初優勝を狙う蛭海和(より)(とらいク)。8月の全日本ジュニア選手権女子Aクラスの段違い平行棒で優勝しているホープだ。同男子は昨年全4種目を制した築山翔馬(鶴見ジュニアク)が2連覇を狙う。

 中学生は男子の露木元太(とらいク)が全日本ジュニア選手権男子Aクラスでも8位入賞を果たし、連覇が濃厚だ。

ジュニア体操に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング