1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 黒獅子旗に向け東芝ナイン闘志 都市対抗へ壮行会

黒獅子旗に向け東芝ナイン闘志 都市対抗へ壮行会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年7月17日(金) 03:00

東芝ナインを激励した福田市長と山田会頭=川崎市役所
東芝ナインを激励した福田市長と山田会頭=川崎市役所

 社会人野球の第86回都市対抗大会(18~29日・東京ドーム)に川崎市代表として出場する「東芝」の壮行会(市・川崎商工会議所主催)が16日、同市役所で行われた。福田紀彦市長と山田長満川崎商工会議所会頭をはじめ市職員ら約300人が出席し、5年ぶりの優勝を目指す東芝ナインにエールを送った。

 福田市長は「私は常々、都市間連携が重要と言っているが、都市対抗野球だけは、都市間競争。徹底した戦いが必要だ。(決勝の)29日は予定は空けてある。市民に黒獅子旗を持ち帰ることを期待している」と述べ、山田会頭も「市民が応援している。優勝して川崎を元気、活性化させてほしい」と激励した。

 東芝の木野学主将は「昨年初戦敗退した悔しさをばねに1年頑張ってきた。黒獅子旗を必ず持ってきたい」と意気込みを口にした。工藤賢二監督も「川崎市の代表として最後まで勝ち抜く。29日まで一戦一戦一球一球全員でボールを追い掛けたい」と誓った。

 東芝は21日午後6時から、JR四国(高松市)と初戦。川崎市民は試合当日、「市政だより7月1日号」を持参すれば無料観戦できる。

都市対抗に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング