1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 勢いどこへ?ミス響き完敗 5月2日・名古屋戦

勢いどこへ?ミス響き完敗 5月2日・名古屋戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年5月3日(日) 03:00

後半、名古屋・竹内(右)にシュートを阻まれる湘南・可児=パロマ瑞穂(共同)
後半、名古屋・竹内(右)にシュートを阻まれる湘南・可児=パロマ瑞穂(共同)

 明治安田J1第1ステージ第9節は2日、埼玉スタジアムなどで9試合を行い、川崎は大久保のJ1通算得点で単独4位となる140得点目で先制したが、1-1の後半にFC東京の武藤に決勝ゴールを決められ、2-1で逆転負けした。横浜Mは山形に0-1で競り負け、湘南は名古屋に0-3で完敗した。

名古屋 3ー0 湘南
(前 2−0|後 1−0)


 3日前に今季最多4得点でホーム初勝利を挙げた勢いはどこへ行ったのか。無得点はここ5試合で4度目で、3失点は今季ワーストタイ。勢い込んで敵地に乗り込んだはいいが、湘南は手痛い返り討ちに遭った。

 「ああいうミスがあると、J1では流れを取り戻せない」。チョウ貴裁監督が指摘したのが前半の失点シーンだ。

 ボランチ菊地が中盤でボールを奪い、得意のショートカウンターを仕掛けたまでは最高だった。だが、その背番号2がボールを奪い返されてしまう。「カウンター返し」で名古屋に先制点を許すと、前半42分にもミスから逆襲を食らい、2点目を許した。

 2点ビハインドとなれば、少ない好機を探る湘南にとってひっくり返すのは容易ではない。イレブンに意気消沈の感は否めず、シュート数は今季最少の5本。主将のMF永木は「自分たちで自分たちのゲームを壊した」と悔やんだ。

 1999年のベルマーレ平塚時代以来、1部での連勝はまた持ち越された。FW高山は「俺だって同じミスをやったことはある。落ち込まないで、またやることが大事」。失敗は成功の母である。ミスしたって立ち上がる時間と試合はまだまだ残されている。


 MF菊地 (先制点となるカウンター攻撃を許す)すごい残念ですし、そういう経験をこれから物にしていきたい。今まで以上にシンプルにプレーすることが課題。

 GK秋元 1点目も2点目もボールの取られ方が悪い。(カウンターの)リスク管理とか、もっと周りの選手を見ないといけない。コミュニケーションをもっと強く意識したい。

永木亮太(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング