1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 今季本拠地初白星なるか 湘南がG大阪戦

今季本拠地初白星なるか 湘南がG大阪戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年4月18日(土) 03:00

G大阪戦に向けて調整するDF三竿=平塚市の馬入ふれあい公園サッカー場
G大阪戦に向けて調整するDF三竿=平塚市の馬入ふれあい公園サッカー場

 今季リーグ戦での本拠地初勝利を目指すJ1湘南に、またも強敵が立ちふさがる。18日にホームで迎えるのは、昨季3タイトルを独占したG大阪。前節のFC東京戦で一瞬の隙を突かれて0-1で敗戦しているだけに、プロ2年目のDF三竿は「一瞬一瞬に集中してゴールを取らせないことを意識する」と気合を入れる。

 豊富な運動量を生かした積極的な攻撃参加を得意とする。G大阪戦に備えた今週の紅白戦では左サイドを駆け上がったかと思えば、中盤で的確にパスをさばくなどマルチな才能を発揮した。攻撃的な湘南の最終ラインで、その持ち味をここまでフルに発揮している。

 東京Vの育成組織を経て早大から加入し、1年目の昨シーズンは40試合に出場。今季もここまで全5試合で先発しているが、「自分のプレーが結果につながっていないと思うところもある。まだまだこれから」ともちろん満足していない。

 相手のG大阪は、ここまで5戦6ゴールで得点ランク単独首位に立つ日本代表のFW宇佐美ら強力なタレントをそろえる。しかも現在3連勝中だ。それでも、背番号17は強気に言う。「(相手の)ストロングポイントをしっかり消せばいい。いつも通り強い気持ちで抑えたい」

早大に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング