1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 48歳、キング舞う 最年長記録158点目

48歳、キング舞う 最年長記録158点目

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年4月6日(月) 03:00

【横浜FC-磐田】前半14分、FW三浦がJ2最年長得点記録更新となる今季初ゴールで先制する=ニッパ球
【横浜FC-磐田】前半14分、FW三浦がJ2最年長得点記録更新となる今季初ゴールで先制する=ニッパ球

 明治安田J2第6節は5日、ニッパツ三ツ沢球技場などで11試合を行い、横浜FCは首位の磐田に2-3で逆転負けした。この試合で先発した横浜FCの三浦知良が今季初ゴールを挙げ、自身が持つJ2最年長得点記録を48歳1カ月10日に更新した。0-0の前半にクロスを頭で合わせた。

 三浦の得点は、2013年11月3日の松本戦以来、約1年5カ月ぶりとなった。J1の最年長得点は1994年にジーコ(鹿島)が記録した41歳3カ月12日。また後半22分までプレーし、J2最年長出場記録も更新。J1最年長出場記録は中山雅史(札幌)の45歳2カ月1日。

 首位の磐田が勝ち点15とした。このほか、千葉は京都に2-0で快勝して同14、栃木を1-0で下した長崎が同13。C大阪と金沢も勝って1差で続いた。


 記録と記憶にその名を刻むのは、もう何度目だろう。Jリーグの歴史そのものと言っていい48歳、横浜FCのFW三浦が自らの持つJ2最年長得点記録を更新する鮮やかな先制弾を決めた。

 前半14分だった。右からのクロスに瞬時に体を跳躍させ、23歳も若い相手DFの桜内に競っていく。「FWとして、あの一瞬に懸けて勝負している。自分だけの幸せな時間」。コンマ何秒かで決する勝負を制し、Jリーグ通算158点目を頭でたたき込んだ。

 2013年11月3日の松本戦以来となるゴールに、右手人さし指を何度も突き上げ、メーンスタンドに向かって猛ダッシュ。「ゴールしたらやろうと決めていた。子どもから大人までみんな待ってる」。約束のカズダンスを披露した。

 昨季は2試合で出場時間はわずか4分。レジェンドも体の衰えは感じている。「勤続疲労なのかな。年を取ったなと思う」。調整は思ったようにうまくいかず、体の張りから「(今季先発した)4試合の中で一番不安があった」という。

 それでもピッチに立てば常に全力プレーを怠らない。プロとしての矜(きょう)持(じ)が突き動かす。「何があってもやり抜こう、この試合で終わりでもいいじゃないか、常に自分に言い聞かせてやってる」

 後半22分にピッチを退き、勝利の笛をベンチで待ったが、チームは痛恨の逆転負け。「勝ち切らないといけなかった。逆転で負けてしまって残念な気持ちの方が大きい」と肩を落としながらも、こう続けた。「グラウンドに立てる喜びは今まで以上に強くある。この悔しさを次につなげていかないといけない。次は自分のゴールで勝ちたい」


 横浜FCのFW三浦はJ2最年長得点に手応えをにじませた。

 -ゴールを振り返って。

 「右サイドの小池がいいセンタリングを上げてくれた。ドンピシャのボールがきて、いい跳躍ができた。キャンプからゴールというものを意識してやってきたので、結果を出せてうれしい。横浜FCのサポーターと喜び合えたのは最高」

 -カズダンスを披露。

 「(試合に)負けたのでどうだったんだろうという気持ちはあるけど、リクエストも多いし、その期待に応えたいと思ってやらせてもらった」

 -磐田の名波監督が「カズさんの素晴らしいゴールで目が覚めた」と絶賛していた。

 「名波監督を相手に自分が(選手として)試合をするとは20年前は思ってもいなかった。選手の時とは違った見方をしてくれてると思うし、称賛してくれてうれしい」


 横浜FCのMF小池が歴史的なゴールのアシストだけでなく、得点もマーク。今季初スタメンに燃えていた背番号14は「ここで気持ちを出さないと、どこで出すんだという気持ちでやっていた」と胸を張った。

 前半14分に右サイドから絶妙なクロスでFW三浦の先制弾をお膳立て。同38分には相手DFのクリアミスに乗じ、ペナルティーエリア中央まで切り込んで左足で今季初ゴールを決めた。

 ただチームは逆転負けに終わり、「劣勢になったときに活躍できる選手になりたいとあらためて思った」と表情を引き締めていた。 (ニッパ球)


【横浜FC-磐田】J2最年長得点記録更新となる今季初ゴールに喜ぶ三浦
【横浜FC-磐田】J2最年長得点記録更新となる今季初ゴールに喜ぶ三浦

三浦知良(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング