1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 白星逃した「最後の質」

白星逃した「最後の質」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年3月15日(日) 10:14

【川崎-神戸】後半14分、同点ゴールを決めた大久保(中央)=等々力
【川崎-神戸】後半14分、同点ゴールを決めた大久保(中央)=等々力

 打てども打てども決まらない。放ったシュートは神戸の倍以上となる21本。川崎は多くの決定機を得ながら、引き分けに終わった。

 「勝つチャンスは十分にあった。きょうの試合で2点ではとても足りない」と風間監督。生まれ変わった本拠地のこけら落としの一戦で白星を飾れず、主将のMF中村も「(課題は)最後の質。その一点だと思う」と悔しさをにじませた。

 2-2の後半31分にFW大久保が放ったミドルシュートは相手GKに阻まれ、続く後半43分に右クロスに飛び込んだFW小林のシュートも枠の外へ。キャプテンは「最後の1本のパス、シュートにどれだけこだわれるか。早く決めてくれないかなと後ろから見ていた」とため息をついた。

 ただ、昨季以上の攻撃力をうかがわせた一戦でもある。開幕戦に続いて先発した新外国人のエウシーニョが右サイドから何度も突破。局面の打開は左サイドのMFレナトのドリブルに頼りがちだっただけに、今後も大きな武器になり得る。

 18日のヤマザキ・ナビスコカップの初戦を挟み、次節は昇格してきた山形との一戦。もちろん取りこぼしは許されない。「なあなあにせず、悪いところは悪いと話し合ってやっていきたい。きょうはきょうで終わり」。大久保はそう気持ちを切り替えていた。

【神奈川新聞】

大久保嘉人(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング