1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【動画】横浜マラソン:サイクルポリス テロ警戒

【動画】横浜マラソン:サイクルポリス テロ警戒

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年3月3日(火) 11:25

ランナーと並走しながら沿道を警戒する「サイクルポリス」(左)と「ランニングポリス」=県警本部正門前
ランナーと並走しながら沿道を警戒する「サイクルポリス」(左)と「ランニングポリス」=県警本部正門前

 15日に行われる横浜市初の市民参加型フルマラソン大会「横浜マラソン2015」で、県警は自転車に乗ってランナーと並走しながら警戒に当たる「サイクルポリス」を導入する。東京マラソンで警視庁が取り入れた「ランニングポリス」も採用し、ランナー目線からテロ警戒に当たる。

 県警警備課によると、機動隊員の中からサイクルポリス5人、ランニングポリス16人を選抜。それぞれ青いゼッケンに白い文字で「POLICE 神奈川県警」と記された“制服”を着用する。

 サイクルポリスは集団の先頭、中間、後部に分かれてランナーと並走。緊急時に備えて撮影した画像を本部に送れる携帯端末のほか、無線機、警棒などを携行する。ランニングポリスは2人一組の8グループ編成で、10キロごとに次のチームにバトンタッチする。

 県警は、サイクルポリスについて「ランニングよりも体力が温存でき、緊急時にも現場に急行できる」と説明。サイクルポリスを務める男性警察官は「市民の安全を守るため、沿道に目を凝らして頑張りたい」と話した。

【神奈川新聞】

横浜マラソンに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング