1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 中村俊輔が退院 「焦って治す」4月復帰目指す

中村俊輔が退院 「焦って治す」4月復帰目指す

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年2月21日(土) 03:00

松葉づえをついてクラブハウスを後にする横浜Mの中村=横浜市西区のマリノスタウン
松葉づえをついてクラブハウスを後にする横浜Mの中村=横浜市西区のマリノスタウン

16日に痛めていた左足首の手術を受け、開幕戦の出場が絶望となったJ1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(36)が20日、川崎市内の病院を退院し、横浜市西区のマリノスタウンを訪れた。松葉づえ姿の中村は術後の経過について「普通だよ。そんなに大きいけがじゃない」と落ち着いた様子で話し、「焦って治す」と早期復帰に強い意欲を示した。

中村は昨季から左足首に炎症による慢性的な痛みを抱えていたが、年が明けた1月20日の全体練習で悪化。一時は回復の兆しを見せたが、今月の宮崎キャンプ中に再び痛みが出始め、別メニュー調整を余儀なくされていた。手術では左足関節三角骨と関節内遊離体を摘出。全治2、3カ月と診断されている。

中村は復帰のめどについて「(試合出場は)2カ月後。診断が2、3カ月だから俺の場合は2カ月かからない」と説明。4月中旬ごろに戦列に戻ることを目指し、今後はクラブハウスでリハビリを続けるという。

今季は2ステージ制の短期決戦となるため、昨季も32試合に出場した大黒柱の不在は11年ぶりのリーグ優勝を目指すクラブにとって大きな痛手となる。エリク・モンバエルツ監督は「非常に重要な選手だが、プロ選手には起こりうること。抜けた穴をどう埋めるか、一人一人が責任感を発揮してチームとしてのプレーを高めていく」と語り、不在となったトップ下には藤本や佐藤の両MFを軸に選手起用を模索している。

【神奈川新聞】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング