1. ホーム
  2. スポーツ
  3. J3の2チーム、健闘誓い合う

J3の2チーム、健闘誓い合う

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年2月20日(金) 03:00

J3リーグでの健闘を誓い合うYSCC・有馬監督(右)と相模原・辛島監督
J3リーグでの健闘を誓い合うYSCC・有馬監督(右)と相模原・辛島監督

Jリーグは19日、開幕を前に東京都内でJ1~J3の全クラブが参加して記者会見し、村井満チェアマンは「変革にチャレンジする年になる。大会方式を変更し、多くのヤマ場がある。短期決戦になり、1勝の重み、1得点の重みが増す」と、今季から移行する2ステージ制の魅力を訴えた。

明治安田生命保険が冠スポンサーにつくJリーグの開幕は3月で、J1は7日、J2は8日、J3が15日に開幕。神奈川のJ1クラブの熱戦は、横浜Mと川崎がぶつかり合う「神奈川ダービーマッチ」と、湘南がホームで浦和を迎え撃つ一戦で始まる。

◇YSCC・有馬監督「一戦一戦チャレンジ」

J3創設元年の昨季は12チーム中最下位。YSCCの就任2年目の有馬賢二監督(42)は「昨年以上の準備はできている。一戦一戦がチャレンジ。臆することなく、楽しんでチャレンジしたい」と誓う。

今季もベースは献身的なハードワークと球際の強さ。指揮官は「選手自身がどの引き出しを開けていくか、判断する場面が多くなってきている」と進化を実感し、ボランチの平間は「意識を高く、いい練習ができている」と手応えをにじませる。

◇相模原・辛島監督「攻守磨き飛躍目指す」

昨季6位からのジャンプアップを狙うJ3相模原の辛島啓珠新監督(43)は「攻撃も守備も質を高めて、バランスの取れたサッカーをしたい」と抱負を語った。

今季はクラブとして初めてキャンプを実施。今月12日から3日間、静岡・御殿場でチームづくりを進めてきた。

開幕戦はホームにU-22選抜を迎える。今季新たに主将に就任した元日本代表のFW高原は「勝たないことには何も前に進まない。見てて面白くなるようなプレーを出したい」と燃えていた。

【神奈川新聞】

日本代表に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング