1. ホーム
  2. スポーツ
  3. サッカー宮川、体操白井ら表彰 県体育功労者・優秀選手

サッカー宮川、体操白井ら表彰 県体育功労者・優秀選手

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年1月11日(日) 03:00

スポーツ優秀選手を代表して賞状を受け取るサッカー女子の宮川麻都(左)=県庁本庁舎
スポーツ優秀選手を代表して賞状を受け取るサッカー女子の宮川麻都(左)=県庁本庁舎

県内のスポーツ振興に貢献した個人と団体に贈られる「県体育功労者」と、昨年の国内外の大会で優秀な成績を収めた選手と団体をたたえる「県スポーツ優秀選手」の表彰式が10日、県庁本庁舎で行われた。功労者は個人41人と7団体、優秀選手は延べ142人と34団体が受賞した。

表彰式には体操世界選手権の団体、種目別床運動でそれぞれ銀メダルを獲得した白井健三(岸根高3年)や、サッカーのU-17(17歳以下)女子ワールドカップ(W杯)コスタリカ大会で世界一に輝いた日本代表の宮川麻都(藤沢総合高2年)らが出席した。

功労者として県卓球協会の松本益雄副理事長(70)、優秀選手はレスリングの世界選手権女子55キロ級を制した浜田千穂(日体大4年)が代表してあいさつ。浜田は「県民に勇気と感動を与えられるよう、今後も努力していきたい」と語った。

【神奈川新聞】

白井健三(体操)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング