1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 箱根駅伝:青学大初V 歴史的10分50秒差

箱根駅伝:青学大初V 歴史的10分50秒差

スポーツ | 神奈川新聞 | 2015年1月4日(日) 03:00

第91回東京箱根間往復大学駅伝でゴールする青山学院大のアンカー、安藤悠哉。復路も制し、初の総合優勝を果たした=東京・大手町
第91回東京箱根間往復大学駅伝でゴールする青山学院大のアンカー、安藤悠哉。復路も制し、初の総合優勝を果たした=東京・大手町

第91回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して復路が行われ、青学大が10時間49分27秒で初の総合優勝を果たした。5時間25分29秒で復路も初めて制した。

7年ぶりの総合制覇を狙った駒大が10分50秒差で2年連続の2位に終わり、前回王者の東洋大は3位だった。往路2位の明大が4位、早大が5位になった。最優秀選手には5区で快走して青学大の優勝に大きく貢献した神野大地が選ばれた。

東海大は6位に入り、4年ぶりのシード権を獲得。城西大、中央学院大、山梨学院大が続き、10位の大東大までが来年のシード権を獲得した。15位の日体大、17位の神奈川大は最多14度の優勝を誇る19位の中大などとともに予選会に回る。

往路で初優勝した青学大は2位の明大に4分59秒差で復路をスタート。7区の小椋裕介ら3区間で区間賞を奪って圧勝した。

【共同通信】

早大に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング