1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 本来の姿取り戻せず ACL絶望的に/川崎1-2鹿島

本来の姿取り戻せず ACL絶望的に/川崎1-2鹿島

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年11月23日(日) 03:00

鹿島に敗れ、うなだれる大久保(13)、稲本(20)ら川崎イレブン =カシマ(共同)
鹿島に敗れ、うなだれる大久保(13)、稲本(20)ら川崎イレブン =カシマ(共同)

最後までらしさを取り戻せず、川崎は今季初の3連敗を喫した。前節でリーグ優勝の夢が消え、最後の希望だった2年連続のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場も絶望的に。「きょうに懸ける思いは強かったけど…」と副主将のGK西部は天を仰いだ。

主将のMF中村とFW小林の2人を負傷で欠き、中盤にFW大久保、前線の右にMFレナトを配置。選手間の距離を縮め、ショートパスをつなげたが、横へ横へと流すばかり。リスクを恐れず、縦パスを放り込む勇気がなかった。

MF山本は「横に逃げず、縦パスにチャレンジできればよかった」。前線に飛び出しては、もどかしげに両手を挙げ、パスを求めるFW大久保の姿が象徴的だった。

優勝争い中の相手に気迫でも圧倒され、0-1で迎えた後半8分に右クロスから2失点目を喫して万事休す。これでACL出場ラインの3位(鹿島)との勝ち点差は6に広がり、得失点差は11に。残り2試合で逆転できる可能性は限りなくゼロに近い。

この6試合で1勝5敗。風間監督は「柱になれる選手、流れを変えられる選手になってほしい」と若手に奮起を求めた。次は本拠地最終戦。1年間声援を送り続けたサポーターのためにも、本来の攻撃サッカーを取り戻さなければならない。

【神奈川新聞】

風間八宏に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング