1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 神奈川県高校秋季バスケ:金沢総合が10度目頂点 鈴木夏が躍動

神奈川県高校秋季バスケ:金沢総合が10度目頂点 鈴木夏が躍動

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年11月4日(火) 03:00

勝負どころでシュートを決め、優勝に貢献した金沢総合・鈴木夏
勝負どころでシュートを決め、優勝に貢献した金沢総合・鈴木夏

バスケットボールの第45回全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)の県予選を兼ねた県高校秋季大会は3日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で男女決勝を行い、男子はアレセイアが84-75で桐光学園を下して初優勝を飾った。女子は金沢総合が78-70で旭を破り、3年連続10度目の頂点に立った。

金沢総合はエースの清田陽香(3年)が32得点。4点リードで迎えた第3クオーター開始早々に鈴木夏海(3年)らが次々にゴールを決めて12点差をつけ、終盤の追い上げをかわした。

アレセイアと金沢総合は12月23日から7日間、東京都渋谷区の東京体育館で行われるウインターカップに出場する。

女王の座は今年も揺るぎなかった。県高校総体に続いて優勝し、17年連続のウインターカップ出場を決めた金沢総合の主将荒井は「他の高校には譲れないというプレッシャーが強かった」と胸をなで下ろした。

前半は一進一退。流れを変えたのは、背番号6の連続ゴールだった。4点リードで迎えた第3クオーター開始直後。ミドルショットを決めた鈴木夏は、清田のドリブルシュートを挟んで2本のシュートとフリースローも沈めて48-36とした。松木静香監督(53)は「鈴木が3本入れてくれて勢いがついた」と振り返った。

鈴木夏が先発出場するのは準決勝に続いて今季2度目。1、2年時はベンチに入れず、今季は控えだったが「後輩に負けられない」と努力を怠らなかった。小田原市の自宅から毎朝4時半の始発に乗って登校し、朝も放課後の全体練習終了後も、シュート練習に明け暮れてきた。

そんな「チーム一の努力家」(清田)の鈴木夏は「1本入って攻める気持ちが湧き、どんどん決めることができた」と充実の表情。2回戦敗退した全国高校総体の雪辱を期すウインターカップに向け「日々努力したい」とさらなる精進を誓った。

【神奈川新聞】

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング