1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ドラフト会議:早大・有村は4球団競合 日本ハムが交渉権

ドラフト会議:早大・有村は4球団競合 日本ハムが交渉権

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年10月23日(木) 17:52

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は23日、東京都内のホテルで開かれ、150キロ台中盤の速球と制球力を武器に即戦力として期待される早稲田大のエース有原航平投手は今会議で最多の4球団が1位指名で競合し、くじ引きの結果、日本ハムが交渉権を獲得した。

最速157キロを誇る昨春の選抜大会準優勝右腕の安楽智大投手(愛媛・済美高)は楽天とヤクルトが1位指名し、楽天が交渉権を得た。高校通算73本塁打の岡本和真内野手(奈良・智弁学園高)は巨人、昨夏の甲子園大会で優勝した群馬・前橋育英高の高橋光成投手は西武、東京六大学リーグ通算20勝左腕の山崎福也投手(明治大)はオリックスがそれぞれ単独で1位指名して交渉権が確定した。

【共同通信】

速球に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング