1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 昼夜かけ力強く力走 平塚で「24時間リレー」スタート 2500人超が参加

昼夜かけ力強く力走 平塚で「24時間リレー」スタート 2500人超が参加

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年9月14日(日) 03:00

声援を受けながら、一斉にスタートした選手たち=平塚市総合公園
声援を受けながら、一斉にスタートした選手たち=平塚市総合公園

第17回「24時間ゆめリレーin湘南ひらつか2014」が13日、平塚市大原の市総合公園で始まった。声援を受けながらスタートを切った選手たちは、昼夜かけて力強く力走。ランナーズ・ウェルネス主催、市教育委員会などの後援。  競技は6、12、24時間の男女個人と、4、6、24時間リレーの部がある。市内外から300チーム超、計2500人超が参加。選手たちは途中、食事や仮眠を取りながら公園内を走り、1周約1・7キロのコースを時間内に何周できるかを競う。

この日の日中は時折強い日差しがあり、真夏を思わせる暑さの中、参加者たちは真剣な面持ちで、思い思いのペースでコースを駆け巡っていた。

小田原市の「鈴廣かまぼこ」社員として、ともに6時間リレーに参加した女性(18)は、「初参加で緊張したけど、走り始めたらすごく楽しい。よい経験です」。別の女性(18)は「一緒に走る先輩たちの足を引っ張らないよう、若い力で頑張ります」と意気込んでいた。

小学生対象のちびっこマラソンも行われた。

【神奈川新聞】

かまぼこに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング