1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県中学総体:西中原が大会新でV3 水泳女子MR

県中学総体:西中原が大会新でV3 水泳女子MR

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年8月19日(火) 03:00

【女子400メートルメドレーリレー タイム決勝】4分29秒90の大会新記録で3連覇を飾った西中原。左上から反時計回りに尾上、松澤、大島、原=相模原市立総合水泳場
【女子400メートルメドレーリレー タイム決勝】4分29秒90の大会新記録で3連覇を飾った西中原。左上から反時計回りに尾上、松澤、大島、原=相模原市立総合水泳場

第48回県中学校総合体育大会(県中学校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)の水泳競技が18日、相模原市立総合水泳場で開幕。初日は男女14種目の決勝などが行われ、女子400メートルメドレーリレーは西中原が4分29秒90の大会新記録で3連覇を達成した。

同400メートル個人メドレーは佐々木杏奈(西谷2年)が4分57秒89の大会新記録で優勝。男子1500メートル自由形は武田弥己(樽町3年)が大会新となる16分23秒30で制した。

最終日は19日、同水泳場で男女16種目の決勝などを行う。

◇「何が何でも新記録を」

序盤の出遅れなどものともしない。女子400メートルメドレーリレーは西中原が4分29秒90の大会新で3連覇。「先輩たちが築いてきたものをいい形でつなげたかった」。使命感を胸に、4人は一丸で逆転勝利をつかんだ。

この日、すでに個人種目で2レースを泳いでいた第1泳者の大島が疲労から5番手と大きく出遅れた。しかし、2番手の尾上は「抜き返せるのは分かっていた」と自信に満ちた泳ぎで一気に首位へ。続く松澤がリードを広げれば、あとはキャプテン原がレースを締めるだけだった。「何が何でも新記録を出す」と気迫の力泳で、大会記録を0秒66更新した。

尾上は他の3人とは別のクラブに所属。そのため、全員がそろう機会は少ない。それでも限られた時間で引き継ぎを重点的にトレーニング。4人はこの日、流れるようにレースを運んだ。

23日には本番の全国中学校大会が控える。昨年5位に終わったキャプテンは「みんなの目標は表彰台。お世話になった人たちにメダルを持ち帰りたい」。雪辱の舞台を楽しみにしている。

【神奈川新聞】

中学総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング