1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 監督へ恩返しできず 大久保、あふれた思い

監督へ恩返しできず 大久保、あふれた思い

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年11月24日(木) 02:00

【川崎-鹿島】試合終了のホイッスルを聞きがっくりとひざまずく川崎・大久保=等々力陸上競技場
【川崎-鹿島】試合終了のホイッスルを聞きがっくりとひざまずく
川崎・大久保=等々力陸上競技場

 J1の年間優勝を争う明治安田チャンピオンシップは23日、等々力陸上競技場で準決勝が行われ、川崎(年間勝ち点2位)は鹿島(同3位、第1ステージ優勝)に0-1で敗れ、年間3位が決まった。

 両膝からピッチに崩れ落ち、固まったように動けない。フロンターレの一員として等々力で戦う最後の一戦で、口惜しさと感謝が入り交じった感情がいつの間にか両目からあふれていた。

 「悔しさというか、寂しい。勝って、もう一回(ホームで)やりたかった。このチームで、このサッカーで優勝したかった」。FC東京への来季移籍を表明しているエース大久保が流した涙が全てを物語っていた。

 自身にとって最大のチャンスはいきなり訪れた。前半3分。長谷川の右クロスに遠いサイドで待ち構え、右足ダイレクトで合わせたが、シュートは手前で大きく弾み、枠を捉えられない。以降は鹿島のいやらしい守備に手こずり、そのいら立ちは効果的なパスを送ってこないチームメートにも向けられた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大久保嘉人(サッカー)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング