1. ホーム
  2. スポーツ
  3. カメラ片手にランニング 24日に川崎で新感覚スポーツイベント

カメラ片手にランニング 24日に川崎で新感覚スポーツイベント

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年5月7日(水) 03:00

フォトブックにして配られる完走証(イメージ)
フォトブックにして配られる完走証(イメージ)

写真を撮影しながら走る新しいスタイルのランニングイベント「PHOTO MARATHON PHaT RUN」(フォトマラソン ファットラン)が5月24日、川崎・多摩川沿いで初めて開かれる。走る速さを競うのではなく、カメラ片手に風景や仲間を撮り、楽しみながらゴールを目指す。ゴール後にはスイーツを囲んでの交流会も用意されており、国内では例がない企画という。

主催するのは、写真教室や写真雑誌を手掛ける「イー・エム・エス」(東京都中央区)。もっと多くの人に写真に親しんでもらおうと、老若男女に人気のマラソンと掛け合わせた。工場夜景の撮影会などを通じて川崎市とつながりがあったことから、初回開催の会場に同市を選んだ。

大会の基本的なルールは、制限時間(2時間半)以内に各チェックポイントを全て回りながら写真を撮ってゴールするだけ。自分のペースで走り、写真撮影を楽しむのが最大の目的だ。チェックポイントさえ通過すればコース外での撮影も可能という。

レース後には、走っている姿をプロカメラマンが撮影した写真と、自ら撮影した写真を掲載した冊子型の完走証を贈呈。参加者の一押し写真を審査員が選ぶコンテストも行う。スポンサーの有名京菓子会社が用意した京菓子やお茶を楽しめるスイーツパーティーも企画され、モニター上映される写真を見ながら参加者同士が交流を深める。

「スキーと射撃が一緒になった競技『バイアスロン』のように、カメラを持って走る競技が全国に広がるとうれしい」と大会事務局の橋田隼平さん。今後、川崎以外の場所でも開催する予定。

初大会は、川崎市幸区の古市場陸上競技場を発着とする多摩川河川敷マラソンコースで行われる。5キロウォークと10キロランの2種目で、スタートはいずれも午前9時半。一般チーム(2~3名)の参加費は1人につき6千円で、小学生未満は無料。1人で個人参加もできる。参加申し込み締め切りは5月18日。

<問い合わせ>シー・エム・エス 電話03(5524)6991 ホームページ( http://www.cmsinc.jp/phatrun2014.html )

【神奈川新聞】

工場夜景に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング