1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 神奈川大学野球春季リーグ 桐蔭大・高橋拓が好投

神奈川大学野球春季リーグ 桐蔭大・高橋拓が好投

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年4月21日(月) 03:00

【神奈川工大-桐蔭横浜大】先発して7回無失点と好投した桐蔭大・高橋拓=関東学院大釜利谷球場
【神奈川工大-桐蔭横浜大】先発して7回無失点と好投した桐蔭大・高橋拓=関東学院大釜利谷球場

神奈川大学野球春季リーグ第3週第2日は20日、関東学院大釜利谷球場で関東学院大-横浜商大、松蔭大-神奈川大、神奈川工大-桐蔭横浜大の各2回戦を行った。関東大が5-3、神大が4-1、桐蔭大が6-0で勝ち、いずれも連勝で勝ち点を挙げた。

関東大は二回に大石悠介(2年)の適時打などで2点先制し、四回にも大石の適時打で1点を追加。4人の継投で商大の反撃を3点に抑えた。

神大は1点を追う六回に胡麻裕宜(3年)の適時打で同点とすると、七回に濱元航輝(2年)の犠飛で勝ち越し。児玉龍也(3年)と兒玉亮太(2年)のリレーで逃げ切った。

桐蔭大は先発の左腕高橋拓巳(2年)が7回無失点と好投。打線は五回に水野隼翔(3年)が先制の2点適時打を放つなど先発全員安打で6点を奪って快勝した。

第4週第1日は26日、俣野公園・横浜薬大スタジアムで桐蔭大-関東大、商大-工大の各1回戦を行う。

◆桐蔭大・高橋拓が7回無失点

制球力磨き自信

桐蔭横浜大の先発高橋拓が、7回4安打無失点と好投。スピンの効いた直球に多彩な変化球を制球良く織り交ぜてリーグ戦初白星を挙げ、チームに今季2カード目で初の勝ち点をもたらした。

ハイライトは二回だった。先頭に三塁打、さらに次打者への四球で無死一、三塁。ここから左打者を外角へのスライダーで、続く右打者を伸びのある直球で連続三振に仕留めた。盗塁死にも助けられ、最大の窮地を無失点で切り抜けた。

昨秋は公式戦登板はわずか1試合。オフに制球力を磨いて先発をつかんだ。2年生左腕は「成長して直球でも変化球でもストライクを取れるようになった。きょうはいつも通り投げられた」と自信を深めた様子だ。

新戦力の台頭で勝ち点を得た齊藤監督は「2週間空き、戦術や連係の確認をできたことが大きい」と巻き返しへ手応えを口にした。

【神奈川新聞】

大学野球に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング