1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 高藤が優勝宣言、柔道全日本選抜体重別選手権

高藤が優勝宣言、柔道全日本選抜体重別選手権

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年4月4日(金) 13:54

柔道の全日本選抜体重別選手権に出場する有力選手8人。左から男子の七戸龍、大野将平、海老沼匡、高藤直寿、女子の近藤亜美、中村美里、橋本優貴、松本薫=福岡市内のホテル
柔道の全日本選抜体重別選手権に出場する有力選手8人。左から男子の七戸龍、大野将平、海老沼匡、高藤直寿、女子の近藤亜美、中村美里、橋本優貴、松本薫=福岡市内のホテル

柔道の世界選手権(8月・チェリャビンスク=ロシア)代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(5、6日・福岡国際センター)に出場する有力選手が3日、福岡市内で記者会見し、ロンドン五輪女子57キロ級金メダルの松本薫(フォーリーフジャパン)は「新たな松本薫を見てもらいたい。優勝を目指して頑張る」と誓った。

昨年大会は右肘痛で欠場したが、今年は2月の国際大会を制して本格的に復帰。2大会ぶりの世界選手権出場に意欲を示し「五輪が終わってから精神的に成長した。目標の五輪2連覇に向け、一歩ずつ足元を見て進む」と元気よく話した。

昨年の男子60キロ級世界王者の高藤直寿(東海大)は「ことしは日本と世界のタイトル二つを取る」と大会初制覇を宣言。初優勝した昨年の世界選手権以来の実戦に臨む男子73キロ級の大野将平(旭化成)は「進化した自分の柔道を見せたい」とアピールした。

【共同通信】

柔道に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング