1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【照明灯】「自分の日」

【照明灯】「自分の日」

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年2月25日(火) 00:00

勝者の弁はすべて互いに似通っているが、敗者の弁はそれぞれ趣が異なっている。ロシアの文豪、トルストイ作「アンナ・カレーニナ」の有名な書き出しから着想を借り、ソチ冬季五輪の印象を表現した▼開幕前の小欄に「ドラマを目にしたい」と書いた。期待にたがわず、劇的なシーンが織りなす17日間だった。言葉として心に残ったのは、スノーボード女子パラレル大回転で銀メダルに輝いた竹内智香選手の「自分の日だな」だった。得意のコンディションに恵まれ、つかんだ確信は強かった▼フィギュアスケート女子、浅田真央選手のショートプログラムは、心理状態や会場の雰囲気などが「自分の日」ではなかったのだろう。切り替えてフリーでは最高の演技を見せたのは立派だった▼ジャンプ女子の高梨沙羅選手もメダルを逃した。17歳が背負っていた重圧の大きさが涙となってにじんだ。41歳の偉大な先輩、葛西紀明選手の背中を見てほしい。個人のメダルを追い、7度目の挑戦にして男子ラージヒルの銀メダルをつかんだ。「自分の五輪」を貫いてきたといえる▼2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)大会へ。子ども時代に愛唱した「東京五輪音頭」を思い出した。〈四年たったら/また会いましょと/かたい約束/夢じゃない〉

【神奈川新聞】

東京五輪に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング