1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 神奈川トヨタ2台で頂点狙う、86レース今年も参戦

神奈川トヨタ2台で頂点狙う、86レース今年も参戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2014年2月21日(金) 00:00

レース参加車両と並ぶ、レーシングドライバーの菊地靖(右)と小河諒=横浜駅西口のホテル
レース参加車両と並ぶ、レーシングドライバーの菊地靖(右)と小河諒=横浜駅西口のホテル

神奈川トヨタ自動車はトヨタのスポーツカー「86(ハチロク)」と同一車型のスバルBRZのみが出場するワンメークレースに今年も参戦する。20日、横浜駅西口のホテルでチーム体制を発表し、2台を投入する今季に向けて、総監督を務める大塚輝一社長は「あらためてトップを狙いたい」と意気込みを語った。

同レースは昨年から始まった。同じ規格の車でプロとアマチュアが腕を競えるため、全7戦で最大92台のエントリーがあった。神奈川トヨタのチームは全戦で決勝に進み、シーズン通算は14位だった。

全10戦で争われる今季は2台で臨み、ドライバーもツーリングカーレース界の第一人者の菊地靖(41)と、若手ナンバーワンの小河諒(22)を起用する。

厚木市出身の菊地が「地元チームで走る夢がかなった。世界一激戦のレース。1年間戦って、ワンツーで終われるように頑張る」といえば、川崎市出身の小河は「昨年から参戦したかった。菊地さんからたくさん吸収しながら、全戦ポールトゥーウインを目指す」と力強く目標を掲げた。

開幕戦は3月29、30日のツインリンクもてぎ、最終戦は11月8、9日の鈴鹿サーキット。富士スピードウェイでも4戦が開催される。

【神奈川新聞】

鈴鹿に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング