1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 慶応が2年連続で決勝進出 全国高校アメリカンフットボール選手権関東地区大会

慶応が2年連続で決勝進出 全国高校アメリカンフットボール選手権関東地区大会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年11月15日(火) 02:00

【慶応-早大学院】第2クオーター、慶応のRB佐居(中央)がタッチダウンを決め、13-7とリードする=アミノバイタルフィールド
【慶応-早大学院】第2クオーター、慶応のRB佐居(中央)がタッチダウンを決め、13-7とリードする=アミノバイタルフィールド

 第47回全国高校アメリカンフットボール選手権関東地区大会は13日、東京・アミノバイタルフィールドで準決勝を行い、慶応(神奈川1位)は早大学院(東京2位)を21-7で下し、2年連続で決勝に進出した。

 慶応は試合開始直後に7点を失ったが、RB佐居拓哉(3年)の2本のタッチダウンなどで逆転勝ちした。

 慶応は23日、クリスマスボウル(12月23日、大阪・キンチョウスタジアム)の出場権を懸けた決勝(東京・駒沢第二球技場)で、佼成学園(東京1位)と対戦する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

アメリカンフットボールに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング