1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 東京国体:ボウリング少年男子団体、神奈川はV2 成長の跡示した圧勝

東京国体:ボウリング少年男子団体、神奈川はV2 成長の跡示した圧勝

スポーツ | 神奈川新聞 | 2013年10月3日(木) 00:22

ボウリング少年男子団体で優勝した八鍬良太=東大和グランドボウル
ボウリング少年男子団体で優勝した八鍬良太=東大和グランドボウル

チャンピオンの座は明け渡さなかった。ボウリングの少年男子団体で斎藤(県横須賀工高)と八鍬(渕野辺高)のコンビが連覇を達成。昨年の逆転Vから一転し、余裕の逃げ切り勝ちで成長の跡を示した2人は「狙っていた」「達成感がある」と喜びに浸った。

30日のスタートから最高だった。予選(6ゲーム)第1ゲームの第1フレームからそろって7連続ストライクに成功。決勝(3ゲーム)までに2位に158点差をつけた。

この日の決勝では歴代最高得点で個人を制した斎藤が第5フレームまでストライク二つと不調に陥るも、八鍬がしっかりとカバーする。

第6フレームまでに5度ストライクを奪い、「(その間に)斎藤が考える時間ができた」と作山雅光監督(29)。エースは「オイルの塗布状況を読めなかったが、第8フレーム以降は自分のボウリングができた」と立ち直り、「(昨年より)アジャストする力がついた」と胸を張った。

修正能力を身に付けたのは、2種目覇者だけではない。個人戦は予選36位と惨敗した八鍬だが「力んで投球フォームが不安定になっている」と微調整し、本来の力を取り戻していた。

連覇と2冠の偉業を遂げた斎藤は「今までで一番の勲章を手に入れることができた」と感慨深げに語り、2年生の八鍬は「来年の国体は個人で優勝、団体は3連覇したい」と意気込んだ。

【】


気合あふれる投球を見せた斎藤祐太=東大和グランドボウル
気合あふれる投球を見せた斎藤祐太=東大和グランドボウル

ボウリングに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング