1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 年間1位へ「勝つ」 3日最終節G大阪戦

年間1位へ「勝つ」 3日最終節G大阪戦

スポーツ | 神奈川新聞 | 2016年11月3日(木) 02:00

G大阪戦に向けて調整する川崎の選手たち=川崎市麻生区の麻生グラウンド
G大阪戦に向けて調整する川崎の選手たち=川崎市麻生区の麻生グラウンド

 J1は3日、第2ステージ最終節の9試合が午後1時半から各地で行われる。年間勝ち点1位の座を浦和と川崎が争い、磐田、甲府、新潟、名古屋の4チームに来季J2降格の可能性がある。

 年間勝ち点73で首位に立つ浦和はホームに横浜Mを迎え、同72で追う川崎も本拠地でG大阪と顔を合わせる。ともに年間王者を懸けたチャンピオンシップ出場は決めており、勝ち点で上回った方が決勝にシードされる。

 J1残留争いは勝ち点33の磐田が優位で、アウェーで仙台に勝つか引き分ければ残留が決まる。同31の甲府は得失点差では不利だが、ホームの鳥栖戦に勝てば自力で降格を免れる。30で並ぶ15位新潟と16位の名古屋はホームで勝ち点を積み上げたい。出場停止などで多くの主力を欠く新潟は広島と、初の降格を避けたい名古屋は湘南と対戦する。


負傷者相次ぎ総力戦



 年間勝ち点で首位の浦和を1差で追う川崎だが、ここにきて逆風が

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎フロンターレに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング