1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 代替大会開催を黒岩知事に要望 高校生ら署名

新型コロナ
代替大会開催を黒岩知事に要望 高校生ら署名

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年6月4日(木) 05:00

県高校総体(昨年の大会から)
県高校総体(昨年の大会から)

 部活動の早期再開や代替大会実施に向け、日本ハンドボール協会の湧永寛仁会長らが3日、神奈川県庁を訪れ、県内の高校生らの要望書や署名を黒岩祐治知事に手渡した。黒岩知事は「生徒の安全安心に配慮した上で、やりたいという気持ちを応援したい」と述べ、県内での大会開催を支援する考えを示した。

 寄せられたのは、県内の高校球児の手紙約300通と、インターネット上で募った署名約7千筆。湧永会長は「3年生にとって最後の夏はものすごく重要。それに向けて日々練習している子どもたちも多く、最後の試合をなんとか設けたい」と協力を求めた。

 これに対し黒岩知事は全国高校野球選手権をはじめ、集大成となる大会の中止は「将来の日本のスポーツ界にとっても大きなダメージとなる」と同調した。

 その上で、東京都で再び感染が拡大傾向にあることを警戒しつつ、県内であれば感染リスクを伴う大規模な移動や宿泊をせずに大会開催が可能との認識を表明。「教育委員会にも私の方から話をしたい」と語った。

 県内の高校部活動を巡っては、県教委は県立校について29日から段階的に再開し、対外試合は8月末から可能とする指針を発表する一方、今夏の大会開催に向けた特例措置の検討も進めている。

教育現場 「開催ありき」に懸念も

 高校生アスリートの率直な思いが寄せられた要望書。9年前の東日本大震災で被災し、今また白球を追う日常を奪われた球児の叫びもつづられているという。ただ、教育現場では未知のウイルスとの闘いが始まったばかり。部活動再開への受け止めはさまざまだ。

 県教育委員会が県立校に示したガイドラインでは、29日の活動再開から1週間程度は準備、片付け含めて40分限定。その後も8月末の通常登校開始までは在校時間が限られ、平日の部活動に費やせるのは最大65分だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校総体(インターハイ)に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング