1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 対外試合は8月末再開 県立校部活動、秋以降に影響も

再起へ コロナ禍のスポーツ界
対外試合は8月末再開 県立校部活動、秋以降に影響も

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年5月29日(金) 05:00

県立高校・中等教育学校部活動スケジュール

 国の緊急事態宣言解除を受け、県教育委員会は県立校の部活動を6月末から段階的に再開させる方針を決めた。時差通学・短縮授業が始まる同月29日から約2カ月かけて活動内容を広げていく予定だ。ただ、対外試合は8月末の通常登校開始まで自粛するよう求めている。今夏の大会開催は依然困難な状況で、秋以降の競技日程にも影響を及ぼしそうだ。

 県教委がこのほど、6月1日からの学校再開に向けた県立高校や中等教育学校の対応をまとめた。

 分散登校期間となる同月27日までは部活動の自粛を継続。時差通学・短縮授業期間となる同29日から1週間程度は週2日、準備、片付けを含め40分を上限に、個人で行える基本的な練習から再開し、5段階に分けて制限を緩和していく。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング