1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 女子ソフトボール・山田恵里 集中高め能力発揮

進化の舞台 五輪プレーバック
女子ソフトボール・山田恵里 集中高め能力発揮

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年4月20日(月) 10:00

主将として引っ張り、金メダル獲得に貢献した山田=2008年北京五輪
主将として引っ張り、金メダル獲得に貢献した山田=2008年北京五輪

 2008年北京五輪のソフトボール。1次リーグを6勝1敗(2位)で通過した日本は準決勝で米国に敗戦。3位決定戦でオーストラリアを延長十二回の激闘の末に破り、再び最大のライバル米国とのファイナルに挑んだ。

競技の五輪復帰に光明 ソフトボール・山田恵里(上)
誰かが喜んでくれたら ソフトボール・山田恵里(下)

 1点リードの四回。「3番・中堅」で先発した先頭打者の山田恵里(日立、厚木商高出身)は、04年アテネ五輪金メダルメンバーの長身左腕・オスターマンと対した。

 初球の低め変化球は空振り。2球目だ。高めに浮いた球をコンパクトに振り抜いた弾道は中堅フェンスを越えていった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング