1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【県高校総体・バスケ】女子・アレセイア連覇、男子・桐光5度目頂点

【県高校総体・バスケ】女子・アレセイア連覇、男子・桐光5度目頂点

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年6月25日(月) 02:00

【バスケットボール女子決勝リーグ アレセイア-鵠沼】第2クオーター、シュートを決めるアレセイアのセンター宮=トッケイセキュリティ平塚総合体育館
【バスケットボール女子決勝リーグ アレセイア-鵠沼】第2クオーター、シュートを決めるアレセイアのセンター宮
=トッケイセキュリティ平塚総合体育館

 第56回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会(県高体連など主催、神奈川新聞社など後援)は24日、競泳やバスケットボール、剣道などで熱戦を展開した。

 競泳最終日は男女決勝12種目などが行われ、女子200メートルバタフライは泉原凪沙(日大藤沢)が2分13秒06で優勝。男子200メートル平泳ぎは深沢大和(慶応)が2分13秒28で制した。2人は大会最優秀選手に選ばれた。

 バスケットボールは男女決勝リーグが行われ、女子は3連勝したアレセイアが2年連続2度目の優勝を飾り、男子も桐光学園が3戦全勝として2年連続5度目の頂点に立った。

 剣道女子団体は桐蔭学園が2年連続12度目の優勝を果たした。

県最強、圧巻の攻撃


 底知れない強さだ。バスケットボール女子決勝リーグはアレセイアが3戦全勝。県新人戦、関東大会県予選と合わせ3冠に輝き、県内公式戦では6大会連続負けなし。創部4年目で最強の称号をほしいままにした。

 この日の鵠沼戦も序盤から不動のセンター宮がゴール下を支配。シューター渡辺が3本の3点シュートを決めるなど内外を縦横無尽に攻め立てた。終わってみれば105-76。36得点の宮ら5人が2桁得点をたたき出し「全員で勝てた」(宮)と圧巻の攻撃力で大会を締めた。

 今月の関東大会は準決勝で強豪・八雲学園(東京)に敗れた。横須賀市立坂本中出身のエース奥山に大量失点。中学時代に都道府県対抗ジュニア大会の全国制覇メンバーとして奥山と切磋琢磨(せっさたくま)してきた主将宮は、「ものすごく悔しかった」と言う。

 その雪辱とばかりにつかんだ2度目の全国切符。昨年は2回戦敗退に終わっただけに、懸ける思いは強い。1カ月後の決戦へ、宮は「優勝する気持ちで戦う」と力強く言い切った。

桐光、堅守速攻で盤石


 バスケットボール男子は桐光学園が3連勝。盤石の戦いぶりで県総体2連覇を達成した。


【バスケットボール男子決勝リーグ 桐光学園-横浜清風】第3クオーター、速攻からシュートを放つ桐光学園の主将鈴木悠
【バスケットボール男子決勝リーグ 桐光学園-横浜清風】第3クオーター、速攻からシュートを放つ桐光学園の主将鈴木悠

 横浜清風との最終戦は序盤から爆発した。190センチの鈴木響を軸に伝統の堅守速攻がさえ渡り、第1クオーターは28得点8失点。以降も点取り屋の主将鈴木悠が鋭いドライブで加点して、一度もリードを譲らなかった。

 しかし、30年近くチームを指揮してきた高橋正幸監督(50)は「(点の)取り方が最高でも取られ方は最低。春から何も伸びていない」。最終クオーターで、粘る相手に与えた28点が気に入らない。

 優勝してもなお指揮官が厳しい物言いをするのには理由がある。B1横浜の下部組織でプレーした195センチの兪(ゆ)やセンター鈴木響ら例年以上に上背があり、個の力が高い。「全国で勝てるチーム」(高橋監督)と感じるからこそ、高いレベルを求めたくなる。

 真価が問われる8月のインターハイへ「今大会は甘い部分もたくさんあった。しっかり修正し、2年前の8強を超えたい」とキャプテン。全国への挑戦が始まる。

厚木東、連勝で全国


 前週の男子決勝リーグ初戦で桐光学園に敗れていた厚木東が、2連勝でインターハイ出場を決めた。永田監督は「よく頑張った。ことしはシュート力が高いので守備とリバウンドを徹底すればいけると思っていた」と満足げな表情だ。

 昨年のウインターカップで創部初の全国8強。しかし、5月の関東大会県予選では準々決勝敗退に終わっていた。主将の吉田烈は「あの負けのリベンジを果たせてうれしい。全国の舞台でもチームの持ち味を発揮したい」と飛躍を誓った。

   ◇

 バスケットボール男女決勝リーグ最終日の4試合を県内のケーブルテレビ各社のコミュニティチャンネルで放送します。30日に男子の厚木東-法政二、7月1日に女子の元石川-市ケ尾、同7日に男子の桐光学園-横浜清風、同8日に女子のアレセイア-鵠沼。いずれも午後5時半から。

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング