1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 東京パラへ車いすの18歳疾走 川崎で19日、陸上大会

東京パラへ車いすの18歳疾走 川崎で19日、陸上大会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年5月19日(土) 02:00

2020年東京パラリンピック出場を夢見る大澤さん =昨年の全国障害者スポーツ大会から、日彰スポーツ通信提供
2020年東京パラリンピック出場を夢見る大澤さん =昨年の全国障害者スポーツ大会から、日彰スポーツ通信提供

2020年東京パラリンピック出場を夢見る大澤さん =昨年の全国障害者スポーツ大会から、日彰スポーツ通信提供
2020年東京パラリンピック出場を夢見る大澤さん =昨年の全国障害者スポーツ大会から、日彰スポーツ通信提供

 第18回川崎市障害者スポーツ大会の「陸上大会」が19日、川崎市中原区の等々力陸上競技場で開かれる。昨年の全国障害者スポーツ大会で二つのメダルを獲得した車いすのスプリンター、大澤優樹さん(18)=高津区在住=は得意の100メートル、200メートルにエントリーした。「2020年の東京パラリンピックに近付くためにもタイムを縮めたい」と夢への大きな一歩を踏み出すつもりだ。

 脊椎の一部が形成不全を起こす先天性の二分脊椎症で、生まれつき歩くのが不自由だ。2人の兄と野球やサッカーを一緒にできないことを悔しがり、悲しんだ日々は、「陸上」との出会いで一変したという。

 市立久末小5年の春。障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」(横浜市港北区)で開かれたイベントに参加し、チームへの所属を決めた。早速、その年の冬に2・5キロで争った「日産カップ追浜チャンピオンシップ」でメダルを獲得。「すごい楽しいし、自信にもなった」。自宅に引きこもることが多かった少年は生まれ変わった。

 今春、川崎市立川崎高を卒業するまで横浜ラポールを拠点に活動した。車いすバスケットボールに親しみ、東京マラソンなどにも参加。昨年10月に愛媛県で開催された全国障害者スポーツ大会では100メートルで2位、200メートルで3位になった。「走っているときはいつも快感。先頭でゴールに入るうれしさ、負けたときの悔しさも魅力の一つ」

 東京パラリンピックに出場するには、100メートルではベストタイムの「17秒53」を3秒ほど縮めることが不可欠。4月から横浜市内の専門学校に通い、これまで所属していたチームも離れた。筋トレや自宅周辺のロードワークが中心で、練習拠点の確保や指導者探しなど取り巻く環境は厳しい。それでも、18歳は前だけを向く。

 「間に合うか、間に合わないか分からないけど、できる限り努力を続ける。短距離では絶対に負けたくない」。闘志を前面に、険しい道を切り開く。

こちらもおすすめ

障害者スポーツに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング