1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 世界トップの技堪能 横須賀でサーフィンW杯閉幕

世界トップの技堪能 横須賀でサーフィンW杯閉幕

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年5月16日(水) 02:00

表彰式で盾を掲げる女子スラローム競技優勝のクザン選手(中央)ら=津久井浜海岸
表彰式で盾を掲げる女子スラローム競技優勝のクザン選手(中央)ら=津久井浜海岸

 10日から津久井浜海岸(横須賀市)で開かれていたウインドサーフィンのワールドカップ(W杯)が15日、閉幕した。市によると期間中、昨年より約1万6千人多い4万9482人が来場、世界トップクラスのパフォーマンスに酔いしれた。

 2年連続の横須賀開催となった今回は、32の国と地域から約90選手が参加。海岸沿いの幅400メートル、奥行き200メートルほどの海域にS字コースを設けて速さを競う「スラローム」と、弱い風でもスピード感あふれるレースが楽しめる「フォイル」が行われた。

 男子スラロームはアントワーヌ・アルボー選手(フランス)、女子スラロームはデルフィーン・クザン選手(同)、男子フォイルはゴンザロ・コスタヘーフェル選手(アルゼンチン)がそれぞれ優勝し、上地克明市長から盾を受け取った。クザン選手は「日本のファンはよく歓迎してくれて、良い大会だった。また来年訪れるのが今から楽しみだ」と喜びを語った。

サーフィンに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング