1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【県高校総体展望】男子フェンシング 選手層厚い慶応、女子は横浜商大に勢い

【県高校総体展望】男子フェンシング 選手層厚い慶応、女子は横浜商大に勢い

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年5月11日(金) 15:25

男子学校対抗は慶応を法政二が追う展開だ=4月の関東大会県予選から
男子学校対抗は慶応を法政二が追う展開だ=4月の関東大会県予選から

 【男子】
 学校対抗は3年ぶりの全国総体(インターハイ)出場を狙う慶応が一歩リードする。昨年の愛媛国体メンバーの長谷山はスピードを生かした攻撃型の選手。2年新井も成長著しい。4月の関東大会県予選では個人戦の8強に7選手を送るなど選手層が厚い。

 法政二は2年生エースの北村が

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

高校総体に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング