1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 圧巻「67」 稲垣初栄冠 県アマゴルフ・ジュニアの部女子

圧巻「67」 稲垣初栄冠 県アマゴルフ・ジュニアの部女子

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年5月8日(火) 02:00

【女子15~17歳の部】67ストロークで優勝した稲垣那奈子(相模原)=レイクウッドゴルフクラブ
【女子15~17歳の部】67ストロークで優勝した稲垣那奈子(相模原)=レイクウッドゴルフクラブ

 ゴルフの県アマチュア選手権2018は6日、大磯町のレイクウッドゴルフクラブ・西コースでジュニアの部を行い、15~17歳男子(6711ヤード、パー72)、12~14歳男子(同)、15~17歳女子(6199ヤード、パー72)、12~14歳女子(同)の計4部門で計128人が18ホールストロークプレーで競った。

 15~17歳男子はトータル73で回った内田航貴(伊勢原)が、同女子は7バーディー、2ボギーの67にまとめた稲垣那奈子(相模原)が初の栄冠に輝いた。

 12~14歳男子はトータル73の中村大聖(横浜)が初優勝し、同女子はトータル75で越田泰羽(横浜)が3連覇を飾った。

 各部門の優勝者は男女の部の決勝大会にそれぞれ出場する。

フォーム改良し躍進



 悲願の初優勝を飾った稲垣は「ショットがさえたことが自信につながった」と、満足げな表情だった。

 まずは最初の12番。2打目でグリーンに乗せて幸先良くバーディーを奪った。「いきなり取れたので冷静に戦えた」とリズムに乗った。七つのバーディーのうち、四つは440ヤード以上のロングホール。自信のあるドライバーショットでスコアを稼いだ。

 転機は昨年12月。体を無理にひねるフォームが影響して肋軟骨を骨折した。リハビリと同時にフォームも改良。「腰から回して余計な力をかけないスイングができるようになった」と実感する。

 細身の体から想像できない飛距離を飛ばす稲垣は「今年こそ日本アマ出場を懸けてこの勢いで戦う」と飛躍を誓った。

接戦制し越田3連覇


 12~14歳女子の部を制した越田は「最後に3連覇ができてよかった」と笑顔だ。ただ「ドライバーの調子が悪かった」と5番でボギーをたたくなど、なかなかスコアを伸ばせず、2位とは接戦。越田は「今度は圧勝できるようにもっと練習していきたい」と前を向いた。


【女子12~14歳の部】75ストロークで1位となった越田泰羽(横浜)=レイクウッドゴルフクラブ
【女子12~14歳の部】75ストロークで1位となった越田泰羽(横浜)=レイクウッドゴルフクラブ

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング