1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 坂本(光明相模原)圧巻初V 新体操女子個人総合

関東高校県予選
坂本(光明相模原)圧巻初V 新体操女子個人総合

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年5月5日(土) 02:00

【関東高校大会県予選 新体操】女子個人総合で初優勝した光明相模原の坂本=横須賀市北体育会館
【関東高校大会県予選 新体操】女子個人総合で初優勝した光明相模原の坂本=横須賀市北体育会館

【関東高校大会県予選 新体操】女子個人総合で初優勝した光明相模原の坂本=横須賀市北体育会館
【関東高校大会県予選 新体操】女子個人総合で初優勝した光明相模原の坂本=横須賀市北体育会館

 関東高校大会県予選は4日、県内各地でバスケットボール、柔道、新体操、空手道などで熱戦を繰り広げた。

 新体操は女子個人総合で坂本美彩(光明相模原)が初優勝を飾った。


場数の違い見せつけ


 新体操の女子個人総合で、光明相模原の1年坂本が優勝。種目別のフープ、ボールでトップに立つ圧巻の演技だった。

 新町中3年時の昨夏に全国大会7位、全日本ジュニア選手権9位の実力者だ。高校デビュー戦で当然、周囲の視線も向けられる。重圧になるかと思いきや「みんなに注目してもらえる中で演技できるのも楽しい」と場数の違いを見せつけた。

 小学1年時に「楽しそう」とジュニアクラブで競技をスタートし、着実に力を付けてきた。ダイナミックでしなやかな動き。さらに情感豊かな表現力も兼ね備え、この日はフープもボールも「大きなミスなくできた」と納得の笑みを浮かべた。

 ロンドン五輪・新体操団体代表だった深瀬菜月は、光明相模原のOGだ。坂本自身も「いつか大きな舞台で活躍できたらいいけど、まずは関東大会やインターハイで活躍したい」と謙虚さを失わない。

 次世代の新星は「これからどんどん良くなっていくところを見せたい」と大きな一歩を踏み出した。

新体操に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング