1. ホーム
  2. スポーツ
  3. J3相模原 新体制発表 新監督に西ケ谷隆之氏

J3相模原 新体制発表 新監督に西ケ谷隆之氏

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年2月7日(水) 02:00


新スローガンを発表する西ケ谷監督(中央)=相模原市内
新スローガンを発表する西ケ谷監督(中央)=相模原市内

 創設11年目のJ3相模原は6日、相模原市内で新体制を発表し、新たに就任した西ケ谷隆之監督(44)がサポーター約200人を前に「攻守において自分たちでアクションを起こすサッカーを見せたい」と今季の活躍を誓った。

 昨季は9勝12分け11敗で過去最低の12位。Jリーグ通算452試合出場の谷沢達也(33)、昨季J1の新潟から移籍した成岡翔(33)の両ベテランMFら10人の新戦力を加え、J3参入5年目での初優勝を目指す。

 元日本代表の望月重良代表(44)は「新たにもう一度サッカーを見つめ直し、相模原に適したメンバーを補強した。大きな声では言えないが、手応えは感じている」と話した。

 今季のスローガンは選手一人一人がサッカー選手、人間として成長し、クラブとしても大人になるとの思いを込めて「Grow up!(グロウ・アップ)」に決定。指揮官は「10年かけてまいた種を次の10年で発芽させていきたい」と誓い、新加入の谷沢は「早く(J2)ライセンスを取って、選手がもっと良い環境でやれるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 J3は3月9日に開幕。相模原はアウェーのニッパツ三ツ沢球技場で昨季14位のYSCCとの「神奈川ダービーマッチ」を戦う。

J3に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング