1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ノジマステラ「大きな経験」 皇后杯準優勝を報告

ノジマステラ「大きな経験」 皇后杯準優勝を報告

スポーツ | 神奈川新聞 | 2018年2月2日(金) 02:00

皇后杯のメダルを加山市長にかけて報告した吉見主将(右端)、小林選手(左から2人目)、石田選手(左端) =相模原市役所
皇后杯のメダルを加山市長にかけて報告した吉見主将(右端)、小林選手(左から2人目)、石田選手(左端) =相模原市役所

 相模原市をホームタウンとするサッカー女子プレナスなでしこリーグ1部の「ノジマステラ神奈川相模原」の菅野将晃GM兼監督らが1日、市役所を訪れ、加山俊夫市長に皇后杯全日本女子サッカー選手権でチーム史上最高成績の準優勝となった2017シーズンを報告した。4月からユニホームを一新することも明らかにした。

 出席したのは菅野監督のほか山内渉代表、主将の吉見夏稀、副キャプテンの石田みなみ、小林海青の計3選手。

 山内代表は「皆さんのご声援には多少お応えできたのではないか」とあいさつ。菅野監督は「リーグ戦は厳しい思いをしたが、応援の後押しを受けて1部残留という最低限の目標は達成できた。(皇后杯では)新たな歴史を積み上げた」と報告。新シーズンでは「一歩でも進めるようにみんなで頑張っていく」と約束した。

 また新シーズンから主将を務める吉見主将は「チームにとっては大きな挑戦だったが、大きな経験になったのは間違いない。確実に新シーズンにつながる」と話した。

 加山市長は「シーズンを通して力がついた結果だと思う。すぐ優勝するより来季への期待感が強まった」と激励した。

 チームは10日午前10時半からアリオ橋本(同市緑区大山町)で一般の人も観覧できる新体制発表会を行う。

ノジマステラ神奈川に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング